東京ディズニーリゾートアプリ、チケット送る機能終了 グループで共有へ

拡大画像を見る

 オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのチケット共有方法を更新した。これまで「東京ディズニーリゾート」アプリで提供していたチケットを送る機能は終了。今後は、アプリ上にグループを作成することで、チケットやプランの共有ができるようになる。

 グループは、パークチケットの購入後やプラン(予約したレストラン、取得したスタンバイパスなど)があるときのみ利用可能。参加できるグループは1日1グループのみ。複数日にまたがって有効なグループは作成することができない。
 グループを作成するには、まずアプリの「グループ作成」をタップする。次に、「メンバーを招待」に進み、共有したいメンバーにメールやコミュニケーションアプリでグループのURLを送信。招待された側は、送られてきたURLをタップすることでグループに参加することができる。
 グループ機能では、参加しているメンバーのパークチケットやプランが、そのグループのメンバー全員に共有される。ディズニーホテルのオンラインチェックインを利用する場合は、一緒に宿泊する人とグループを作成すると、ルームキーを受け取ったメンバーもアプリでチェックインや解錠することができる。
 アトラクションやショップでは、利用したい人のチケットだけを選択してスタンバイパスを取得することが可能。スタンバイパスの取得やエントリー受付は、グループのメンバーなら誰でも実行できる。2人分のレストランのプライオリティ・シーティングを手配した人が4人のグループに属している場合も、レストランを利用できるのは2人までになる。
 なお、アプリではチケットを送る機能が終了したが、オンライン予約・購入サイト(ブラウザ)でチケットを購入した場合、ブラウザからチケットを送る機能は引き続き利用できる。また、購入者がブラウザ経由で他ユーザーに送ったパークチケットを、送った相手のアプリに表示させることはできない。購入者以外がアプリにパークチケットを表示させるには、購入者がアプリのグループ作成機能を使って同行者をグループに招待する必要がある。

関連リンク

  • 6/22 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます