AIによって“永遠に死なない世界”を実現する…「死者を復活」は冒涜か、心の救済か 中国で論争に

世界では今、インプットされたデータから文章や画像などを自動で作り出す「生成AI」の技術が急速に進化し...

続きはこちら

2024/4/21 6:42

この記事のみんなのコメント

4
  • トリトン

    4/22 12:12

    昔の心霊番組でイタコのコーナーがあり初めは普通の人だったが後半ブルース・リーとマリリン・モンローとか呼び出してしようもない質問とアホみたいな回答笑えました、確かに一部本物のイタコはいるだろが大半は偽物だろうね。

  • 脱走兵

    4/22 10:56

    恐山のイタコとそう変わらんと思うが。たとえ呼び戻された愛する息子が津軽弁で喋りだそうが、生き残った人間にとって本人との対話であると思えるならそれでいいんじゃない?まあ中国のことだから、どうせディープフェイク動画を作るための技術向上政策の一環だろうけど。

  • トリトン

    4/21 17:28

    大好きな犬の死んだ細胞かDNAだったかそれでクローン作った話を聞いたがそんなもの大好きな犬では無いからねそれに近いかもね。

こちらも注目

新着記事

人気画像ランキング

※記事の無断転載を禁じます