俳優の渡辺徹さん、敗血症のため逝去 ファンからは悲しみの声

拡大画像を見る

2022年12月2日、俳優の渡辺徹さんが敗血症のため亡くなったと、所属劇団の文学座が明らかにしました。61歳でした。

渡辺さんが亡くなったのは、同年11月28日。同月20日から、体調を崩していました。

11月20日(日)に発熱、腹痛等の症状が出たため都内の病院に受診したところ、細菌性胃腸炎の診断を受け直ちに入院いたしました。

その後に敗血症と診断され、加療いたしましたが回復が叶いませんでした。

生前に賜りましたご厚誼に深く感謝するとともに、ここに謹んでお知らせ申し上げます。

文学座 ーより引用

葬儀は家族葬にて行い、後日『お別れの会』も予定しているといいます。

1980年に文学座附属演劇研究所に入所し、1985年には座員となった渡辺さん。

テレビドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)や大河ドラマ『いのち』(NHK)など数多くの作品に出演してきました。

作品を通じて渡辺さんのファンになった人から、悲しみのコメントが相次いでいます。

・渡辺さん、亡くなってしまったんですね…。舞台やドラマでよく見ていただけに、ショックです。

・いつも作品で渡辺さんを見るのが好きでした。

・自分は、舞台で渡辺さんをお目にすることが多かったです。とても幸せでした。

渡辺さんのご冥福をお祈りいたします。

[文・構成/grape編集部]

出典 文学座

関連リンク

  • 12/2 10:52
  • grape

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます