「キンプリ残留」永瀬廉、広瀬すずとの恋愛ドラマが「勝てば“キムタク”、負ければ”追放”」の「正念場」になるワケ

拡大画像を見る

 現在、本田翼(30)主演の『君の花になる』が放送されているTBSの火曜ドラマ。

 主に恋愛モノが主流となってきたが、2023年1月クールから、同枠では広瀬すず(24)主演、King&Princeの永瀬廉(23)が相手役のドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』が控えていることが11月28日に発表された。

 脚本を担当するのは木村拓哉(50)主演の『ロングバケーション』(フジテレビ系)と『ビューティフルライフ』(TBS系)、最近では2018年に永野芽郁(23)主演のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』など、数多くの名作を手がけた北川悦吏子氏である。

《何でだか青春ラブストーリーがとてつもなく書きたくなりました。火がついたように書きたくなりました。23歳。青春の終わりかけ。そこは、甘くて切なくてつらくて痛い日々でしょうか? 笑顔の日々でしょうか? あの時代にしか、あの頃にしかない輝きと、そしてそれが必ず失われていく寂しさを、もう一度書きたくなりました》

《広瀬すずさんと永瀬廉くん。ずっと書きたかったおふたりです。完全なる、あっと驚く当て書きをしておりますので、お楽しみに》

 と、コメントを寄せているように、本作は広瀬と永瀬に合わせて紡がれたキャラクターが活躍する物語だ。永瀬にとって初の本格的ラブストーリーでもある。

「大人気女優の広瀬さん、大物脚本家の北川さん。そして、近年多くのヒット作を生み出し続けている『TBS火曜22時枠』。とんでもない好条件のドラマです。ジャンルだって、王道の恋愛モノ。

 非常に好条件がそろっている一方で、永瀬さんにとっては“これを外したら終わる”というプレッシャーとの戦いになるかもしれません……」(芸能プロ関係者)

■ドラマに臨む永瀬が大プレッシャーを受ける2つのワケ

 永瀬に大きなプレッシャーがかかる要因の1つは、彼が所属する5人組グループのKing&Princeが、平野紫耀(25)岸優太(27)神宮寺勇太(25)の3人が2023年5月に脱退し、高橋海人(23)と永瀬のデュオになることだ。

 ドラマとバラエティで双璧を成していた平野と岸、そしてグループのライブ演出で中心的な役割を果たしていた神宮寺の3人が一気に辞めてしまう、という危機を迎えているのだ。

「永瀬さんと高橋さんの2人が、業界での評判が悪いということはありません。

 しかし、メインを張るにはどうしても平野さんや岸さんの方が存在感があった、と感じる人は多いんです。NEWSが2011年に特に人気の高かった山下智久さん(37)と錦戸亮さん(38)が抜けた際と似た現象が起きている、ということですね.

 永瀬さんとすれば『夕暮れ』で、圧倒的な存在感を出したいところでしょう」(前出の芸能プロ関係者)

 もう1つは、永瀬が直近の主演ドラマで「失敗」してしまっていることだ。

「永瀬さんは今年7月クールに『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』(日本テレビ系)で主演を務めていたわけですが、これが平均世帯視聴率4.4%、最高視聴率6.1%がどちらも同枠のワースト1位を記録する大爆死。

 テレビ業界が最重視している“13~49歳”を対象としたコア視聴率でも2%程度という、あまりに残念な結果に終わってしまったんです。ドラマ自体がつまらないという声は多くありましたし、決して永瀬だけが悪いわけではないですが、ドラマや映画の結果は、どうしても主役に降りかかっていきますからね……」(前同)

 2連続で出演作がコケてしまった場合、本格的に「数字の取れない役者」という評価が定着してしまうことになる。それは絶対に避けたいところだろう。

■爆死が続けば「ジュリニ」から外れてしまう?

「今回の『夕暮れに、手をつなぐ』は、『ロンバケ』で木村さんの“キムタク”人気を不動にした北川さんの脚本だし、“他メンバーが事務所を辞めるなか、事務所に残った”という点も、木村さんと永瀬さんに共通する。

『夕暮れ』で成功すれば“キムタクルート”を歩めるかもしれませんが……立て続けに失敗してしまっては、“ジュリニ”からも外れてしまうのでは、ともささやかれていますね」(前出の芸能プロ関係者)

“ジュリニ”とは、ジャニーズ事務所の社長である「藤島ジュリー景子氏のお気に入り」を意味する。

 永瀬以外ではSnow Manの目黒蓮(25)となにわ男子の道枝駿佑(20)が該当するとも言われており、実際になにわ男子はグループが全体的にプッシュされているほか、現在のSnowManでは欲に目黒が、『silent』(フジテレビ系)など映像作品で推されている印象を受ける。

「『週刊文春』の報道でもありましたが、永瀬さんは、ジュリー社長と対立した平野さんらとは違い、一緒に食事に行くなど良い関係を築いているといいます。現在、“ジュリニ”であることは確かでしょうが、しかし、だからといっていつまでも“安泰”なわけはない。タレントは人気商売。ジュリー氏も、経営者として、結果を出せないタレントをいつまでもプッシュするわけにもいかないでしょう。

 メンバーの3人脱退だけでも厳しいのに、永瀬さんが広瀬さんとのドラマで結果を出せず、そして万が一”連続大コケ”なんてことになれば、ジュリニからも追放に――。そんなことになれば、2人しかいないキンプリがさらに空中分解してしまう、という最悪の未来もゼロではないでしょうね……」(前同)

『夕暮れ』について「週の前半から、ドキドキ、ワクワク、どこか懐かしい気持ちにもなれる青春ラブストーリーになると思います」とコメントしている永瀬。永瀬にとって「絶対に負けられない」ドラマ『夕暮れ』。目黒の『silent』に負けない人気作品にしてほしいところだが、果たして――。

関連リンク

  • 11/29 8:05
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • ゆう

    11/30 9:46

    写真を見る限り恋愛ドラマぽい役は似合わなそう。

記事の無断転載を禁じます