だらしない体の夫を、男として見れない…。嫌気が差した妻が、ベッドの中でこっそりしていたコトは

「2人は、幸せに暮らしました。めでたし、めでたし」

…本当に、そうでしょうか?

今宵、その先を語りましょう。

これは「めでたし、めでたし」から始まる、ほろ苦いラブ・ストーリー。

▶前回:同棲中にもかかわらず、深夜3時まで男と遊び呆ける26歳女。帰宅すると、暗いリビングで彼が…

Episode8:禁断のLINEグループに招待された人妻

「未久、結婚してください!」

そう言って啓太は、つぶらな瞳で私を見つめながら優しく微笑んでいる。

30歳のときに、友人主催の婚活パーティで出会った私たち。1年の交際を経て、今日ようやくプロポーズしてもらえたのだ。

「嬉しい…!これから、よろしくお願いします」

私は5歳の頃に、両親の離婚を経験している。原因は父親の借金だった。

その日から貧しい母子家庭で育つことになった私は「将来、絶対にお金持ちと結婚する」と決めていたのだ。

一方の啓太は、裕福な家庭のお坊ちゃまとして育ったらしい。今は、彼のお父さんが経営する大手建築会社の子会社を立ち上げ、大成功を収めている。

― そんな彼と結婚できるなんて、幸せすぎる…!

啓太の顔は決してタイプではなかったけれど、私は大きな夢が叶ったことで幸福感に満ち溢れていた。

そして私たちは、結婚を機に彼が購入した西麻布のタワーマンションへ引っ越したのである。

「ここなら、ボクたちの子どもも遊べるな」

マンションに隣接する笄公園で遊ぶ子どもたちを眺めながら、啓太は優しく微笑んでいた。

それから、5年後。

「シンデレラはその後、幸せに暮らしました。めでたしめでたし」

愛娘であるサナの寝息を確認した私は、ソファでビールを飲んでいる啓太の元へと向かう。

「サナ、寝たわ」

「おつかれ~い」

彼は私の方を一切見ることなく、色気のないTシャツ姿で返事をする。ソファには、脱ぎっぱなしの靴下が転がっていた。

「もう、靴下は洗濯機に入れてって何度言ったらわかるの!?」

「あぁ、疲れてて。ごめ~ん。明日はボクが洗濯するから…」

そのだらしない姿を見ながら、時折思うのだ。このまま女として終わるのはイヤだ、と。

…そんなときだった。ある禁断のLINEグループから招待通知が届いたのは。

禁断のLINEグループへの招待

「ごめんね、未久さん。急にLINEグループなんか招待しちゃって。びっくりしたでしょ?」

翌日の午後。

笄公園でサナを遊ばせていると、お料理教室で知り会った洋子さんがコーヒー片手に近づいてきた。実は彼女、啓太と私を引き合わせてくれた婚活パーティの主催者なのだ。

「久しぶりで驚いたわ。あのグループはなんなの?」

「実はね…。私が選りすぐりの美人ママばかりを集めたLINEグループなの」

そう言って洋子さんは、LINEグループの画面を見せてくる。アイコンには「美魔女」と呼ばれるような美しいママたちの顔写真が、ズラリと並んでいた。

「さすが、洋子さんだわ。お知り合いも綺麗な方ばかりね。皆さんにもお会いしてみたいわ」

彼女は今日も胸元の開いたワンピースをサラリと着こなしていて、同性の私から見ても時々ドキドキしてしまうほどだ。

「ぜひ、お会いしましょう。ねえ末久さん。最近、啓太さんとはどう?」

「あぁ…。うちはもう、男女としては終わってるわ」

「…やっぱりね。結婚して6年。ちょうどそういう時期だと思って招待したのよ。未久さんにこのLINEグループの趣旨をまだ話していなかったわね」

そう言うと洋子さんは声を潜め、耳元で囁いた。

「未久さん、既婚者お食事会って知ってる?」

「えっ?」

「お互いの家庭を大事にしながらも、出会いを求めている人のためのパーティって感じなの。ある程度子どもが大きくなったら、セカンドパートナーを持つのもアリだと思うわ。もし良ければ参加してみて」

その日の夜。

「なあ未久。そろそろ2人目、どうだい?」

啓太が久しぶりに、甘い声で私を誘ってきた。しかし私の身体は拒絶反応を起こす。

「ちょっと触らないでよ!それよりも、その出っ張ったお腹をどうにかしてくれない!?」

私の言葉にショックを受けた様子の啓太は、お腹を隠すようにカーディガンを羽織ると、リビングへと走って行った。

― あ~あ。夫には、もう抱かれたくないわ。

私はベッドに潜り込んで、スマホを見始める。…そのときだった。例のLINEグループに、1通のメッセージが投下されたのは。

yoko:【既婚者限定】来週火曜の13時~15時で、スイーツ会開催します。素敵な男性が20名。女性は募集中!参加希望者は個別LINEください。

私は衝動的に、この会へ参加することを決意したのだった。

そして迎えた火曜日。

「いってらっしゃい。今日は、ママ友とのランチ会に行ってくるから」

いつものように啓太を送り出した後、サナを幼稚園に預け、クローゼットに眠っていたヴァレンティノのワンピースに袖を通す。

その瞬間、忘れかけていた女としての自信を取り戻せたような気がした。プラダのパンプスに足を入れると、私は都内の高級ホテルへと駆け出す。

「あ!未久さんこっちこっち」

会場に着くと、私に気づいた洋子さんがこちらに向かって手を振ってくる。

そこには数人の華やかな女性と、スーツ姿の男性たちが談笑していた。皆、左手薬指に輝く結婚指輪を隠そうともしていない。

「では始めましょう。よろしくお願いします」

幹事である洋子さんがそう声を掛けると、さっそくお食事会がスタートした。

参加男性は、全員40代から50代くらいだ。平日のこの時間に集まれるだけあって、会社経営者や役員など、時間に融通の利くハイスペックな男性ばかりだった。

「…未久さんは、こういう会は初めてですか?」

緊張しながらコーヒーを飲んでいると、私の隣に座った男性が話しかけてきた。啓太と違い、スラリと背の高いイケメンだ。

「はい。友人に誘われて…」

「そうですか。僕も2回目なんです。あ、申し遅れました。私、高橋と申します」

「あ、どうも…。よろしくお願いします」

彼はIT系の会社を経営していて、奥さんと小学生になる2人の子どもがいるという。夫婦の関係は冷え切っているそうで、お互いに共通点があったせいか、私たちはすぐに打ち解けた。

「…未久さん。良かったら、今度2人で食事に行きませんか?」

それから2年。

「ママ、じゃあね!またシンデレラの絵本読んでね」

サナとの月1回の面会を終えた私は、ため息をつくと笄公園のベンチに腰掛けた。

「『めでたし、めでたし』のその後、か…」

サナに読み聞かせた本を持ったまま、思わず言葉が漏れる。剥げたネイルで最後のページを開くと、自分に言い聞かせるように私はつぶやいた。

「『めでたし、めでたし』のその後。シンデレラは王子様に飽きて、新しい王子様とこっそり逢瀬を重ねました。でも、それが彼らにバレてしまいました。

そして何もかも失い、昔の貧しい生活に逆戻りしたのです」

絵本を閉じて天を見上げると、雲1つない青空が広がっていた。ベンチから立ち上がり中野区にある自宅アパートまで帰ろうとした、そのとき。

「未久さん…?」

声のする方を振り返ると、そこには洋子さんが立っていた。

「久しぶりね、未久さん。離婚されたって聞いたわ。もしよかったらバツイチ同士のお食事会があるんだけど、どう?」

彼女はあの日と同じように、ゾッとするほど明るい笑顔で私をLINEグループに招待した。

「…リベンジシンデレラ、か」

彼女から招待されたグループ名を見つめたあと、私はそっと参加ボタンを押したのだった。

▶前回:同棲中にもかかわらず、深夜3時まで男と遊び呆ける26歳女。帰宅すると、暗いリビングで彼が…

▶1話目はこちら:絶対に家へ招いてくれない彼。不審に思った女が、自宅に突撃した結果…

▶NEXT:12月6日 火曜更新予定

「あの人と結婚したかった…」後悔し続けるアラサー女がとった行動は

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/29 5:04
  • 東京カレンダー

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます