「山ごもり」東出昌大が進める「取材記者おもてなし」“地上波テレビ復帰”大作戦!「鹿肉カレー」「愛車ドライブ」「山小屋お泊り」も!!「外面100点」男はネットの「猛批判」も「圏外スルー」対応!

拡大画像を見る

 俳優の東出昌大(35)が雑誌インタビューに立て続けに応じ、賛否の声が上がっている。

 東出は2020年1月、『週刊文春』(文藝春秋)に唐田えりか(25)との3年にわたる不倫をスクープされ、同年8月に元妻の杏(36)との離婚を発表。

 2021年10月には、広島県で行なわれた映画のロケの宿泊先に交際女性を呼び寄せていたことも報じられ、今年2月には事務所との契約を解除されている。

 東出については、かねてより狩猟に魅了されているとも報じられており、現在は関東近郊の山にこもって猪や鹿などを狩り、自らさばいて料理をしているという。

 9月7日発売の季刊ムック『週刊文春CINEMA! 2022秋号』(文藝春秋)の取材時にはインタビュアーらを実際に生活する山小屋に招き入れ、お手製の鹿肉カレーなどを振る舞いつつ、狩猟にハマった経緯や現在の生活について語った。

 口やあごに髭を蓄えてワイルドな風貌になった東出は「あのときは本当にグチャグチャでした」と不倫報道後の心境を告白。事務所退所後はマネージャーをつけることなく、1人でマネジメントも行なっており、撮影が入ると山を下りて現場に向かうような生活を送っているという。

 この記事を受け、9月27日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の記者が山小屋に足を運んだところ、「憶測で書かれるのはイヤなので」という理由で東出本人が取材に応じてくれたようだ。

 東出は山小屋で生活するようになった経緯、その山小屋は携帯電話の電波もつながらず、トイレも汲み取り式で、電気は通っているもののガスと水道も通っていないと、その生活ぶりを明かした。

 1人で狩りを行なって仕留めた獲物を自らさばき、あまった部分は食肉加工工場へ持参してソーセージにしているという。また、近くで採れた山菜や、近所の住人にもらった野菜などを食べて生活しているため、食費も0円に近いようだ。また、小屋には風呂がないようで、滞在時には毎日のように近くの温泉に通っているという。

 ワイドショー関係者が話す。

「『週刊文春CINEMA!』と『週刊女性』のインタビューからは、山小屋生活を送る東出さんが純朴でさわやか、さらには寡黙に命に対峙するクールな人物にも見えてきて、ポジティブな印象を受けます。ただ『週刊女性』の記事が出ると、SNSには反発の声が殺到してしまいました」

 SNSには「何故ドヤってるのか、タバコは何?」「タバコ吸いながらドヤってるのも無理。。なんか全部無理。。あの演技も無理、、」「浮気した東出昌大がドヤ顔で取材受けてるのほんまおもろい」といったコメントが寄せられた。

 また、「ほう? 生活費がかからないなら養育費払えるよな?」「東出昌大さあ、タバコ吸ってるけどその金で養育費払わないの? やっぱりクズだわ」といった意見も上がってしまった。

「厳しい意見が本当にズラリと並んでいましたね。ネット記事のメインで使われているのが、東出さんがタバコをくゆらせながら足を組んで“ドヤ顔”しているような写真でしたから、これに反感を抱いてしまう人が少なくなかったんです。

 また、東出さんが杏さんに提示した養育費は子ども1人につき1万円。子ども3人で月に計3万円だと報じられています。インタビューでは食費はほぼ0円と語っていましたから、これを受けてSNSには“食費が0円なら養育費を払え”や“悠々自適な生活じゃなくてしっかり稼いで1円でも多く養育費を払え”といった声が多数出てしまったわけです」(前同)

 インタビューでは、唐田との不倫や、杏との離婚に至るまでのことにほとんど触れることはなかった。読者の中にはそこを疑問視した人も少なくなかったようだ。

「猟銃を買うにもメンテナンスにもお金がかかりますし、“入るな”と言うことではありませんが温泉にも毎日通っていると。車の維持費もそうでしょう。東出さんはある意味、余暇的な時間の過ごし方をしていて、当面のお金には困ってはいない印象を受けますから、そこを疑問視する人も多かったんです。杏さんもこのインタビューを読んだら“どうなの?”となってしまうかもしれませんよね」(同)

 前出のワイドショー関係者が続ける。

「インタビューで不倫や杏さんのことに触れなかったのは東出さんが“いい人すぎるから”ではないでしょうか。彼はドラマなどの撮影の場でも礼儀正しくて、感じがよくて、末端のスタッフにも優しく接するなど、現場でとにかく評判が良いんです。

 最近の“山生活取材”でもそうですよね。鹿カレーを出してくれたり、車で周囲を案内してくれたりといった行動からもうかがえますが、とにかくおもてなしがすごくて、取材者を大歓待してくれそうですよ。

 ある取材者なんかは東出さんの山小屋に1泊したこともあったといいますからね。取材する側も、とにかく感じが良くて素敵な東出さんに“ほだされて”、記事が優しくなってしまうのではないかと。東出さんにしてみれば、不倫の件や離婚の件はやはり書かれたくないもの。人たらしの魅力で、その辺りが出ないようにする調整が上手いんでしょうね」

 不倫報道前、さらには不倫報道後も東出には現場対応が良くて感じのいい青年だという評判があった。

「二面性と言いますか……とにかく、現場から聞こえてくるのは、彼の最高の評判ばかりですね。もちろん不倫が報じられ、大反省しているから、周囲の目を気にしているから対応が良くなっているというのもあるのでしょうが……。ですが、いくら“良い人”という評判であっても、不倫や彼女をロケ先に呼び出してしまったりと、やらかしてしまう人ではありますよね。

 結果、日本中から敵視され、週刊誌にも、過去を含めていろいろと酷いことを書かれてしまったわけですが、もしかしたら東出さんは今、かつて敵対視していた週刊誌を“おもてなし作戦”で味方につけて地上波テレビや大きな映画など芸能界のメインストリームへの復帰を図ろうとしている――ということなのかもしれませんね。そう思ってしまうほど、取材者がファンになってしまうくらい、異常なまでの対応の良さだそうですよ。

 ただ、そうして出る東出さんに好意的とも感じられる記事には、女性を中心に猛バッシングがSNSなどに寄せられるわけですが、東出さんにはそうした声は届きません。彼がいる山中は携帯の電波が圏外で、ツイッターなどが見られる環境にありませんからね。

 SNSに並ぶ猛批判をずっと見ていたら気が滅入ってしまうかもしれませんが、そうした心配はない。そういう意味でも、現在の山小屋生活は東出さんにとっていいものなのではないでしょうか」(前同)

 不倫報道から間もなく3年。東出の取材記者“おもてなし大作戦”は奏功するだろうか――!?

関連リンク

  • 10/2 7:10
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます