明暗のギャップが鍵?大人デートを成功させるには“暗闇”がいいワケ

拡大画像を見る

 みなさんは、大人なデートといえばどんな場所を思い浮かべますか?

 バーや映画館など、なんとなく暗いシーンが頭に浮かぶという人は多いはず。そのイメージ通り、デートを成功させるためには“暗さ”が非常に有効なのです。そこで、恋愛で使える「暗闇効果」という心理理論について紹介していきましょう。

■ケネス・J・ガーゲンの「暗闇効果」とは?

 心理学者であるケネス・J・ガーゲンは、暗闇における男女の親密さについて比較実験を行いました。具体的には、初対面の男女6人ずつを暗い部屋と明るい部屋に分けて過ごさせるというもの。その結果は興味深いものでした。

 明るい部屋では同性同士で集まる傾向にあり、会話も当たり障りのない雑談だった一方で、暗い部屋では異性同士でペアになり、ボディタッチや深い内容の会話が行われたそうです。

 このように、暗闇の部屋にいた男女の方が、親密になりやすいということが証明されたのです。

■すぐに関係を深めたい場合の応用の仕方

 暗闇効果のデートへの応用の仕方は2つ。すぐに深い関係になりたい場合は、初回から暗い場所でのデートがオススメです。夜に待ち合わせをして、バーや個室のある居酒屋に行きましょう。少し抵抗があるという場合には、映画館や水族館など、気軽に行ける場所から始めるのもいいでしょう。

 ポイントは隣に座ること。対面で座ると、どうしても距離ができてしまいますよね。そのため、体が少し触れてしまうほどの近さで並んだ方が、異性として意識されやすくなりますよ。

■友だちから恋人へと関係を深めたい場合の応用の仕方

 知り合いや友だちという関係から恋人になりたい場合にも、暗闇効果は有効です。この場合、昼間に待ち合わせをして外デートから始めるのがオススメです。いい雰囲気をつくる必要はありません。明るいうちは、いつも通り友だちとして会話をすればOKです。

 でも、夜になったら暗いレストランやバーなどへ行き、横並びの近い距離で食事を取りましょう。この昼と夜の明暗のギャップこそが、異性を意識させる鍵となります。気になる男性も、急にあなたを女性として見てくれるようになるでしょう。

 暗闇効果は、恋愛テクニックの中でも取り入れやすい心理理論です。好きな男性と暗い場所で、大人のデートを楽しんでみてくださいね。

卯花はる(うばなはる) 大学で心理学を学び、心理カウンセラーの資格を持つ。心理学を取り入れた独自の鑑定方法(深層心理タロット占い)でたくさんの恋愛相談に応えてきた。また、自らも遠距離恋愛を乗り越え結婚。現在は一児の母で、恋愛ライターとして多くの媒体で執筆中。

関連リンク

  • 10/1 10:14
  • アサジョ

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます