小島瑠璃子「日本最後のバラエティ」で「芸能界、闇ですね」発言の衝撃と「やっぱり触れられなかった一件」

拡大画像を見る

 9月24日、タレントの小島瑠璃子(28)が7年半MCを務めたTBS系の情報番組『サタプラ』から卒業。涙ながらに視聴者にメッセージを伝える場面があった。

 小島は8月8日に、2022年9月末で日本でのすべての芸能の仕事を終え、23年から拠点を中国に移すことを発表しており、この日がテレビでのラスト。そのため「これで日本でのお仕事が全部終わりなんですね。ひとまず最後になります。ちょっと長い期間行こうと思ってるので」「絶対泣くなって言われていたけど我慢できなかった」と涙にくれた。

 22日に放送された『かまいたちの知らんけど』(MBS)にも小島はゲストとして出演。番組では小島の「最後のバラエティ出演」「こじるり中国留学の真相が全て明らかに!」とうたって多くの視聴者の関心を集めたが、不穏さも感じさせる一幕もあったという。

 冒頭、MCのかまいたちに向かって「他のバラエティはぜんぶ断った」「ここでだけ全部喋って中国行きます」と、語った小島。さっそく3人での車内トークに移ったのだが、最初は「大学に入って勉強する。中国で何ができるのか、何をやりたいのかを考える」などと、中国留学について語っていた小島だったが、「芸能界で苦労したことは?」という質問に対して、

「日本の芸能界で死ぬほどつらかったことなんて、山ほどあります」

「もうねぇ、ちょっとねぇ、言いたいけど言えないやつとかありますね」

 と、超重量級の深刻なトーンでコメント。山内健司(41)に「芸能界の闇?」と問われると、「闇じゃないですか?」と即答したのだった

「あの場面はドキッとしましたね。かまいたちからは、炎上したり叩かれたりして大変だったのか、というトーンで聞かれていたんですが、“人になにか言われるとかそんなレベルじゃない”という返答でしたからね……。“それにしても恵まれてました。一番は、人”とフォローこそ入れていましたが、いったい何があったんだろう、と思った人も多かったんじゃないでしょうか」(専門誌記者=以下同)

「また、小島さんは超売れっ子のタレント、というイメージでしたが、意外と収入は少なかった、ということをうかがわせる場面もありました。これについては、所属事務所との契約が歩合ではなく給料制だった、ということも影響しているでしょうね。

 逆に、給料制なのが幸いしてローンを組めて、父親と折半で家族のために一軒家を地元の千葉県に建てた、という話もしばしばインタビューなどで語っています」(前同)

 小島がかまいたちに対して語ったところによれば、収入については「思われてるほど稼いでない。お2人(かまいたち)がこの1年で稼いだ金額が私の生涯年収」「上がって行っているけど、頑張った分だけとかはない」とのこと。

 それだけに、「1番はお金じゃないくて、人と会えて……」と「出会い」が一番の恵みだったと改めて説明。今回のかまいたちにくわえ「(千鳥)大悟さんとか、さまぁ~ずさんとか、いろんな人に会えてる」と芸人3人の名前を出し、

「プラスアルファ、私と会ったときに喜んでくれる人がいるのがめっちゃよかったなあって。『会えた!』って言ってもらえるじゃないですか」「普通ないじゃないですか。つらかろうがなんだろうが何にも代えられない」

 という仕事のやりがいに、濱家隆一(38)も共感。

 濱家も上京間もない時期にさまぁ~ずと小島がMCの『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)で小島と会った際に「『会えた!』って思ったもんな」という出来事があったと回想し、そこで濱家のトークが他キャストには聞こえていなかったのが小島だけ「『私には聞こえてますよ』的に、背もたれを倒して」「全員好きになるやろな。気配りというか、すごいよな」と、称賛して、次の話題に移った。

「また、小島さんは2020年8月に『週刊ポスト』(小学館)で人気マンガ『キングダム』作者・原泰久氏(48)との交際が報じられて小島さん本人も交際を認めていましたが、21年6月に『スポーツニッポン』が破局を報じられています。これ以降、恋愛の話は聞こえてきませんでしたが、今回は新たな情報も明かされました」

 濱家の「恋してる?」という質問に小島は「いまですか? 彼氏はいないですけど、恋はしています」と爆弾発言。「お別れが近いので、ちょっと切ないですけど」と語り、山内の「相手が中国まで追いかけてきたら?」という問いに「そのスタイルの人尊敬できます?」「興ざめしますね」としており、成就する可能性可能性は非常に低いと思われる。

「新たな恋愛を匂わせるようなこのやりとりはありましたが、今回は過去に報じられた『キングダム』の原さんに関しての話は、一切出てこなかった。全部話します、としておきながら、最も関心が高いはずのこの話題については非常に注意深く避けている。現場では語られたり、キングダム匂わせのようなことはあったかもしれませんが、オンエアではまったく語られず、視聴者にとっては肩透かしな印象になったんじゃないでしょうか」(前同)

 その後、小島は高級外車のディーラーを訪れてフェラーリの試乗を楽しんだり、本気で購入を検討したりとロケが盛り上がったのちに、再び車内でのトークとなりましたが、“中国で結婚とかもあり得るの?”というトークテーマでも、恋愛について語った。

 小島は中国での結婚について「全然あり得るんじゃないですかね」と肯定。現実的な話ではそもそも社交の場どころか知り合いもいない状況のため、出会いの場は「学校とかになるんじゃないですかね?」としたうえで「願望自体はあるし子供も欲しいので、いつかはっていうのはあるんですけど」ということだった。

 そして、過去の恋愛で熱中した思い出について濱家に聞かれると、

「19、20歳のときとか、本当に好きで好きで仕方なくて。会いたすぎて、仕事終わった深夜とかに連絡して、その人まだ帰ってきてないから家の裏で立って待ったりとかしてました」

 と、名前こそ出さなかったが「芸能人」と熱愛をしていたことをカミングアウト。

「ちなみに、小島さんが20歳ごろといえば14年9月に写真週刊誌がモデルの呂敏さん(32/当時『ロビン』名義)と買い物デートの様子を激写されたことがありました。本人は“友達”と交際を否定していましたが、ロビンさんに限らず誰かと交際していた可能性はあった、ということですね」

 また、「中国留学で何ができれば成功か?」という質問に対しては、

「ちょっとだけ、日本の人が私が中国で何かすることで、日本人が中国で受け入れられたなって景色を見せること」「私なんかの力じゃ大きな事は何も変わらないかもしれないですけど、向こうで頑張って血吐いたら、何か応えてくれるものがある」

 と覚悟をうかがわせる発言もしていた。

 その後一行は小島のリクエストで、水族館メインのテーマパーク「マクセル アクアパーク品川」を訪れたが、「芸能人になってからどんなデートをする?」というスタッフの質問に「温泉行ったりとかになりますよね」と返すと、かまいたちが「お忍びデートやなぁ」「くぅ~」と相手をうらやむやり取りもあった。

「3月24日に放送された『秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX超豪華合体スペシャル!』(日本テレビ系)で、各芸能人のお泊りルーティンを語る際にダレノガレ明美さん(32)に“こじるりは男と行ってると思うけど、私は一人”と言われてしまったり、意外とこじるりさんの温泉デートは、業界では有名な話なのかもしれませんね」

 最後は目的だった「イルカパフォーマンスに挑戦」というアトラクションも達成し、「ありがとうございます! 絶対にいい思い出になります!」と笑顔で手を叩いて喜び、小島にとって日本で最後のバラエティ番組は終了した。

「気になるのはやはり、“芸能界の闇”発言という大きな爆弾ですよね。中国に行き、万が一食いつめた場合は、今回は語れなかった本当の爆弾をカマす可能性もあるかもしれないだけに、芸能界全体がビビっているかもしれません。日本から離れた中国で、たとえばSNSなどで小島さんに思い切った暴露をされても、抑えようがありませんからね。

 ちなみに、最近では若槻千夏さん(38)が9月21日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)で、グラビアアイドル時代に嫌がらせしてきた先輩や楽屋で “あんたさ、あの人に抱かれてる?”と事実無根の質問をしてきた先輩の名前などをオンエアでは伏せていたものの実名で暴露。大久保佳代子さん(51)に“芸能界やめるの?”とツッコまれるほどでしたからね」

『サタデープラス』(TBS系)も9月24日に卒業し、着実に中国進出への準備を進めている小島。「暴露」が必要ないくらい順調な活躍に期待したいが果たしてーー。

関連リンク

  • 9/27 7:25
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

1
  • 日刊大衆の記事は、モラルがないことに加えて…記事が長過ぎ!読む気力も無くなるし、何を伝えようとしてるのかもわからなくなる。しょせん他人のキモチを考えられない雑誌社が、読みやすさとか読書のキモチを考えられるわけないか(笑)

記事の無断転載を禁じます