醜聞続きの巨人・坂本に放出説! 噂されるトレード先とは

拡大画像を見る

 今月10日、関係を持った女性に対する堕胎強要を「文春オンライン」で報じられた巨人の坂本勇人。今のところ、本人も球団もこの件についてのコメントはなく、レギュラーとして試合にも出場。テレビ各局やスポーツ紙各社も今回のスキャンダルを不自然なまでにスルーする忖度ぶりを見せている。

 だが、野球ファンからはこうした対応を含めて批判の声が上がっており、《記事が事実なら性加害トラブルで番組やCMを一斉降板した俳優・香川照之よりも悪質》といったコメントも飛び交っている。そんな坂本をめぐり、球界で“ある噂”が囁かれているという。

「シーズン終了後にトレードされるというのです。来季は5年契約の5年目ですが、相手チームと年俸を折半すればトレードは可能です。すでに約2200本の安打を記録し、名球会入りを果たした球界屈指の名選手ですが、近年は故障が多く成績も下降気味。それでも本来なら放出はないはずですが、巨人には創設者である故正力松太郎氏の遺訓『巨人軍は常に紳士たれ』を憲章としており、球団の顔に泥を塗ったのは事実。特に坂本選手はチームの主将で、選手たちの模範となるべき存在です。それなのに度重なる女性スキャンダルが報じられ、球団幹部は怒り心頭。今までのような特別待遇は望めない可能性が高いです」(スポーツライター)

 実際、08年には当時選手会長でチームの看板選手の一人だった二岡智宏氏・現巨人二軍監督がフリーアナウンサーの山本モナとの不貞をスクープされ、シーズン終了後に日本ハムにトレードされたケースもある。

「日ハムとは以前から選手のトレードも多く、昨シーズンには暴力事件を起こした主砲・中田翔選手を無償で巨人に放出。今シーズン中盤から4番に座り、不振にあえぐチームを支えています。この“お返し”として坂本選手が移籍するというシナリオがあるというのです。実は、新庄ビッグボスはかねてより坂本選手のバッティング技術を絶賛しており、20年4月には自身のSNSで紹介していました。坂本にとっても、来季を新球場で迎える日ハムなら心機一転の場としてふさわしく、双方にとってメリットがあります」(同)

 坂本自身は生涯ジャイアンツ宣言をしているがサプライズ移籍はあるのか。FA選手と並んでシーズンオフも注目を集める存在になりそうだ。

関連リンク

  • 9/24 10:00
  • アサ芸Biz

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます