川本真琴「サブスク考えた人は地獄に落ちて」恨み節も納得の「1万回再生で数十円」

拡大画像を見る

 シンガーソングライターの川本真琴が9月20日、ツイッターを更新。3連投で音楽のサブスクリプション(定額聴き放題サービス)への不満をぶちまけた。

 川本は「サブスクでの利益がどれだけ少ないかを知ってほしい」と訴え、続く投稿で「サブスクというシステムを考えた人は地獄に堕ちてほしいと思っている」と恨み節。さらに「じゃあ、サブスクやめればというかもだけど、CDデッキを持ってない人も多くなって、どないしろという現実」とぶちまけた。

 一連のツイートに「サブスクでミュージシャンに入る利益は実は少ない」と同情する声の一方、「音楽好きにとってサブスクほどありがたいものはないです」とサブスクを支持する意見もあった。

 利用者には便利なサービスだが、アーティストには割に合わないシステムのようだ。実際、どれほどの印税が入るのか。

 6月9日に公開された投資・金融の情報サイト「フィナシー」によると、印税はサブスク会社ごとに異なるが、1回あたりの再生で0.01円あれば高いほうだという。1万回再生されても、アーティストが受け取れる金額は100円弱。よほどの人気アーティストでなければ、まとまった収入にならないと論じている。

「川本はアニメ番組『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(フジテレビ系)のオープニングテーマとなった『1/2』など、数々のヒット曲を世に送ってきました。今年2月、過去の代表曲のサブスクを解禁した際は『配信の時代ですので、いろんな年代の方に気軽に聞いてもらえたらです!』とコメント。このときはまだサブスクに可能性を感じていたと思いますが、今は厳しい現実を突きつけられてしまったようです」(芸能記者)

 サブスクの印税収入は想定の「1/2」くらいだったのだろうか。

(石田英明)

関連リンク

  • 9/22 10:00
  • アサ芸Biz

今、あなたにおすすめ

この記事のみんなのコメント

4
  • あきひろ

    10/13 21:50

    iPhoneなんかクソ喰らえですねやはりこれからはPlayストアとAppGalleryの2強時代ですね(⁠◔⁠‿⁠◔⁠)

  • 観音寺六角

    10/13 21:14

    落ちてまーす😭ご心配なく😶

  • 消費者が安く買えるって事は、生産者の売り上げは低い!って事で※、デフレ、低賃金の現れだろなあ!※、「適正価格=正当な賃金」だもんなあ※、お得な安売り!では中間の販売業者は薄利多売で利益を得ても!生産者は「値段を下げないと取引を切られる!」から仕方無く安値で儲け無く売って、利益を得れない構造!※、ワーキングプアが溢れてる日本の現状だなあ※

記事の無断転載を禁じます