唐田えりか、逆襲の「顔面激変・激太り」!「驚異の女優魂」と「不倫相手」東出昌大への「まさかの未練」

拡大画像を見る

「写真を見て驚きました。あそこまで変わっているとは……顔立ちも明らかに違っているし、はいているジーンズの太もも回りもパンパン。これは期待できますよ」

 女性誌記者がそう語るのは、女優の唐田えりか(24)について。8月9日号の『FLASH』(光文社)が、ドラマ撮影中の剛力彩芽(29)と唐田が談笑する姿をとらえ、その変貌ぶりが話題になっているのだ。

 2人が目撃されたのは、80年代に空前の女子プロレスブームを巻き起こした、カリスマ”最恐ヒール”ダンプ松本の半生を、ゆりやんレトリィバァ(31)主演で描く23年公開予定のネットフリックスドラマ『極悪女王』の撮影現場。

「唐田さんが演じるのは、ダンプ松本のライバルのベビーフェイスとして驚異的な人気を誇った女子プロレスタッグ『クラッシュギャルズ』の長与千種さん(57)。剛力さんはライオネス飛鳥(58)さん役です。

『FLASH』では《階段を駆け下りてきた田舎少女》と評されていましたが、唐田さんにまったく以前の面影がない。10kg増量したということで、顔の輪郭も変わっているのが写真で分かります。街ですれ違っても、彼女を唐田さんと気付ける人はいないのでは、と思えるレベルです」(専門誌記者)

 唐田といえば、15年に同事務所の先輩である有村架純(29)の主演映画『ビリギャル』の試写会を訪れた際に、有村のマネジャーが《大型新人》として《唐田ちゃん、TMK(透明感)がすごいです!》とツイートしたり、期待の清純派女優として将来が期待され、18年公開の映画『寝ても覚めても』で本格的なスターダムの道を歩き始めていた。

 ところが、その『寝ても覚めても』で共演した東出昌大(34)が当時女優の杏(36)と結婚していたにもかかわらず唐田と不倫関係にあったことが、20年1月に『週刊文春』(文藝春秋)の報道で発覚し、東出と唐田は取り返しがつかないレベルで好感度が急落し、現在に至っている。

「東出さんは人気が地に落ちCMやテレビドラマの仕事はなくなりましたが、『コンフィデンスマンJP 英雄編』や『草の響き』、『ボクたちはみんな大人になれなかった』などなど、映画にはそれなりに出演。今冬にも主演映画『とべない風船』が控えています。まぁ、『とべない風船』については、すでに東出さんの株が再度下がる出来事が起きていますが……」(映画ライター) 

■唐田のリベンジマッチとなるか

 東出は21年10月の『週刊文春』(文藝春秋)に新恋人Aさんの存在と、そのAさんとロケ先で密会していたことが報じられていた。この時点で杏とは離婚していたのだが、「コロナ禍での撮影かつ情報解禁前なのに部外者をホテルに呼ぶ」という行動に、当時の所属事務所ユマニテは完全にサジを投げ、

「東出の配慮に欠ける行動でその再生への道は頓挫いたしました。その時私たちが感じたものは怒りというよりも、徒労感と虚しさでした。そして熟慮の末に、これ以上共に歩くことはできないという結論に達しました」

 という異例の“激怒”ともいえる事務所コメントを公式WEBサイトに掲載し、10月14日付で事務所の契約を解除したのは記憶に新しい。この報道にあったロケの映画こそ『とべない風船』だったのだ。

■唐田の「変化」で思い出す東出の「好きなタイプ」

「唐田さんにとっては今回の『極悪女王』が、主演映画が決定している東出さんに対する、リベンジになるかもしれません。実際、現時点で10kgも増量している女優魂には圧倒されます。並んだ剛力さんと比べても、明らかにシルエットが違いますからね。

 制作費がひとケタ違う、と噂されるネットフリックスのギャラも、増量中はもちろん、クランクアップ後、元の体型に戻す期間のギャラまで発生するそうですからね。もともと演技力には定評がありましたから、今回の体形激変でもさらに株が上がるんじゃないでしょうか」(前出の映画ライター)

 そんな「気合の激太り」をした唐田だが、かつて、東出は12年に『シネマトゥデイ』の企画『イケメン発掘調査隊』の一問一答企画で《好きな女の子のタイプ》についてこう答えていた。

《よく笑う子、そしてよく食べる子。僕がよく食べるので、食事をしていて楽しい女性がいいです。小食だと心配になっちゃいます(笑)。あと、生ビールをジョッキでおいしそうに飲む人!》

 今回のドラマに向けて「よく食べて」太ったはずの唐田。東出に好かれたい、という意識が、ひょっとしてまだあったりしたのかも……?

関連リンク

  • 7/25 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます