【大井・帝王賞結果】メイショウハリオが並み居る強豪を退けJpnI初制覇、前年覇者テーオーケインズは4着に敗れる

拡大画像を見る

 29日、大井競馬場で行われた第45回帝王賞(4歳上・JpnI・ダ2000m・1着賞金8000万円)は、競り合う先団の後ろでレースを進めた浜中俊騎手騎乗の5番人気メイショウハリオ(牡5、栗東・岡田稲男厩舎)が、直線に入って抜け出し、内を突いた3番人気チュウワウィザード(牡7、栗東・大久保龍志厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分03秒3(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に2番人気オメガパフューム(牡7、栗東・安田翔伍厩舎)が入った。なお、1番人気テーオーケインズ(牡5、栗東・高柳大輔厩舎)はオメガパフュームと4馬身差の4着に終わった。

 勝ったメイショウハリオは、父パイロ、母メイショウオウヒ、その父マンハッタンカフェという血統。地方競馬初参戦にしてJpnI初制覇を果たした。岡田稲男調教師にとってもGI級競走は初勝利。松本好雄オーナーにとってはメイショウマンボ(2013年エリザベス女王杯)以来の平地GI級競走制覇となった。

関連リンク

  • 6/29 21:23
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます