木村拓哉×綾瀬はるか「総事業費20億円」映画「THE LEGEND & BUTTERFLY」に“スベリ気配”プンプン!「コア層大不振の主演連ドラW大コケ」「ターゲット不明の横文字時代劇」「各界のスター集めました感」…「Koki,のバーター案件説」も出た東映70周年記念作品の「勝算」は?

拡大画像を見る

 木村拓哉(49)と綾瀬はるか(37)が6月21日、都内で行なわれた映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』の企画発表会見に出席した。

 2023年1月27日公開の同映画は東映70周年記念作品で、脚本は『コンフィデンスマンJP』シリーズや2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』などで知られる古沢良太氏(48)。監督は大ヒットを記録した『るろうに剣心』シリーズの大友啓史氏(56)が務める。

 タイトルの「LEGEND」は木村が演じる織田信長、「BUTTERFLY」は綾瀬が演じる正室の濃姫を指すという。

 東映の手塚治代表取締役社長は、総事業費20億円の同作について「稟議(りんぎ)の判をつくとき、少し手が震えました。“大丈夫か”と。いけます。“東映が本気である”ということです」とコメントしている。

「日本を代表する大スターの木村さんと綾瀬さんの久々の共演、しかも20億円の超大作ということで、東映もかなり気合いが入っていますよね。公開まで半年ありますが、“すごい作品になるのでは”と期待も高まっています。ただ一方で、映画業界では“大丈夫かな?”“冷静に見るとコケる要素もかなり……”という声もあるんです。

 木村さんと綾瀬さんがそれぞれ直近で主演を務めた連ドラも、決して順調と言えるものではありませんでしたからね」(映画製作会社関係者)

 木村の主演ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)は6月9日に最終回を迎え、平均視聴率は10.9%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。最終回は13.1%と盛り返したものの、第3話と第4話では9%台を記録。2桁を切るのは木村主演作では初めてということで、波紋を広げた。

 また、6月20日に最終回を迎えた綾瀬主演の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)は全話の平均視聴率が9.1%と2桁に届かなかった。

■木村拓哉主演ドラマのコア視聴率は『マイファミリー』の半分

「世帯視聴率もそうですが、特に『未来への10カウント』はテレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率でも振るわず、大体2%台半ばといったところでした。嵐の二宮和也さん(39)主演の『マイファミリー』(TBS系)はコア4%後半から5%以上でしたから、その差は実に2倍。

 綾瀬さんの『元彼の遺言状』も“綾瀬はるか×月9”ながらコア視聴率は2%台。期待外れのものとなってしまいました。

『未来への10カウント』は従来のキムタクファン、さらにはKing&Princeの高橋海人さん(23)などを起用し、若い層にも訴求しようとしましたが、ターゲットをしっかりと定めることができず、どっちつかずの内容になり、世帯もコアも振るわなかったと分析されています。

 木村さんはアラフィフ、綾瀬さんはアラフォーです。2人は国民的スターではありますが、コア層への訴求力があるかと言うと難しい年齢層でもあるんです。加えて、『THE LEGEND & BUTTERFLY』は題材が時代劇ですからね……」(ワイドショー関係者)

 前出の東映・手塚社長は映画について「2人の愛の物語」であり、「ボーイミーツガールの側面と、政略結婚のもどかしさがある夫婦愛、そして歴史ドラマでもあります」とコメントしている。

「ラブストーリー+時代劇という感じになるんでしょうが、時代劇は若者に興味を持ってもらいにくい題材ですよね。キンプリ、SnowMan、SixTONES、なにわ男子などの若手ジャニーズが出ても、“時代劇かぁ……”となってしまう恐れもある。

 その時代劇で『THE LEGEND & BUTTERFLY』と、横文字のタイトルをつけているというのもターゲット不在というか、どこをターゲットにしているのかいまいちわかりにくいですよね。おそらく若い層に寄せていっているのでしょうが……。

 そこに木村さんと綾瀬さんという国民的スターの2人、さらには超ヒットメーカーの古沢氏と大友監督を起用したわけです。一部の映画関係者からすると“各界の大物を集めました感”がにじみ出ている作品に見えてしまうんです」(前出の映画製作会社関係者)

■『THE LEGEND & BUTTERFLY』はKoki,映画との“バーター案件”説も出て……

 東映といえば、『吉原炎上』(1987年)や『大奥』(2006年)などの時代劇映画、ドラマでも『水戸黄門』(TBS系)や『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)などの数々の時代劇を手掛けてきた映画会社でもある。その東映が手掛ける時代劇映画ということで、『THE LEGEND & BUTTERFLY』にも期待はできそうだが――。

「そもそも昨今の映画業界は東宝の一強状態ですからね……。TOHOシネマズを抱えていることも大きいですが、圧倒的な宣伝力も誇り、最近の大ヒット映画はほとんどが東宝作品だと言ってもいいぐらいなんです」(前出の映画製作会社関係者)

 空前の大ヒットとなった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(2020年)をはじめ、『コンフィデンスマンJP』シリーズ、現在公開中の『シン・ウルトラマン』(2022年)、そして木村が主演を務めた『マスカレード・ホテル』(2019年)と『マスカレード・ナイト』(2021年)など、たしかに邦画では東宝作品のヒットが目立つ。

「“東宝じゃないとヒットが生まれない”とまで言われるレベルで、東映はやや劣勢なんです。その東映が社運を懸けて放つ映画ですから、もちろん注目度は高いのですが、ハリウッド級の20億円という総事業費をかけ、どこまでプラスに持っていけるのか気になるところです」(前同)

 2月18日公開の映画『牛首村』では、木村の娘でモデル・女優のKoki,(19)が主演を務めたが、木村が同じ東映製作の『THE LEGEND & BUTTERFLY』に出演するつながり、つまりKoki,は“バーター”で主演を勝ち取ったのではとも複数のメディアで報じられたこともあった。

「たしかに『呪怨』で世界的に評価される清水崇監督(49)が、いきなり“Koki,さんと一緒にやりたい”と指名するとは考えづらいですからね……。だからこそ、『THE LEGEND & BUTTERFLY』があって、“じゃあ『牛首村』はKoki,さんで、となったのでは”と言われてしまっていますよね。

 裏側でそんなことも言われる『THE LEGEND & BUTTERFLY』の公開まで半年。今後、豪華キャストが続々と発表されるのでしょうが、一部で、大物だらけの“寄せ集め映画”、ターゲット不在の映画、“コケる空気をビンビンに感じる”と言われてしまっているのを見事に跳ね返してほしいですよね」(同)

 木村と綾瀬は20億円映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』を成功に導くことができるのだろうか!?

関連リンク

  • 6/26 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    8/19 13:20

    木村宇宙戦艦ヤマトでコケたけどどうかな?、、こけろ,こけろといつまで木村だよな。もう消費期限20年前に切れて今は食べれないかもね。綾瀬もどうかな?ジャニーズ入れとけばジャニオタ来るしアイドル乃木坂とか出演させとけばとんとんなのにね。いっそうのこと郷ひろみ主演のほうが年寄りが見たりして、ジャニオタ。アイドル好きにオールドファンこれでよし。未だに沢田研二や松田聖子で客来るからね。錦野旦あたりが穴かな?

記事の無断転載を禁じます