“ガーシー”と「全面戦争」の綾野剛主演『オールドルーキー』で社長役!『相棒』卒業・反町隆史が追求する、木下ほうか&綾野「トラブル共演者」も包み込む「死んだナマコ道」!

拡大画像を見る

 綾野剛(40)が主演を務める7月クールの日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)に、岡崎紗絵(26)、高橋克実(61)、NEWSの増田貴久(35)が出演することが発表された。

「1回に1~2名、キャストを小出しに発表するという仕掛けで、放送開始までまだ1か月以上ありますが、ドラマの注目度はすでに高まりつつありますよね。そんな中、主演の綾野さんに次ぐ目玉となる大物俳優も出演します。それが反町隆史さん(48)なんです」(制作会社関係者)

 3月23日にドラマ『相棒 season20』(テレビ朝日系)の最終回が放送され、同シリーズから卒業したばかりの反町だが、7月からは水谷豊(69)に代わり、綾野が“相棒”になるという。

「綾野さんは元Jリーガーで、引退後にスポーツマネジメントの世界に飛び込んでいく主人公・新町亮太郎を演じます。その新町が働くことになるマネジメント会社『ビクトリー』の社長役を反町さんが務めることになるといいます」(前同)

『オールドルーキー』の脚本は、木村拓哉(49)の『HERO』(フジテレビ系)や『未来への10カウント』(テレビ朝日系)、福山雅治(53)の『ガリレオ』(フジテレビ系)やNHK大河ドラマ『龍馬伝』などを手掛けてきた福田靖氏(60)。

 福田氏はさまざまなスポーツの現役アスリートや、セカンドキャリアを歩んでいる元アスリート、実際にスポーツマネジメントに携わっている人に取材を行なって脚本に反映したといい、ドラマへの期待は日に日に高まっている。

 しかし、肝心の主演の綾野は暴露系YouTuberの“ガーシー”こと東谷義和氏(50)の最大のターゲットになっており、連日のようにSNSやネットニュースを騒然とさせている。

■TBSがガーシーにコンタクトか

 これまで東谷氏は綾野の女性関係や酒癖の悪さ、暴行疑惑などを暴露。さらにツイッターに綾野のベッド写真をアップして波紋を広げた。そして5月13日には“過去最大”とも言える特大の爆弾を投下――。

 YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』でこの日行なわれた生配信には、その当時17歳だったものの綾野に酒を勧められ、ホテルで関係を持ってしまったという元アイドルの松岡知穂さん(24)が登場。当時の状況を生証言したのだ。

 松岡さんが登場した動画は230万回以上も再生されており、過去最大級の反響となっている。また、5月21日の生配信で東谷氏が『オールドルーキー』を制作・放送するTBSから問い合わせがあったとも明かした。

「東谷氏によると、彼の担当弁護士のもとにTBSの報道から“綾野の未成年絡みのことは事実なのか確認したい”といった連絡が入ったといいます。東谷氏はこれでなんらかの展開があるのではと語っていましたが、ただ、彼は“BTSに会わせる詐欺”の首謀者で、自らを悪党と認めている人物。一方的な主張がどこまで本当なのか、というところは常にあります。

 綾野サイドも東谷氏の言動をスルーし続けています。これが気に入らないということで、東谷氏は綾野のみならず、同じ事務所に所属する小栗旬(39)、田中圭(37)、坂口健太郎(30)、さらには事務所の社長にまで批判を展開。東谷氏と綾野サイドは“全面戦争”の様相も呈してきています」(夕刊紙記者)

『オールドルーキー』の撮影はすでに始まっているというが、東谷氏の一件が解決するまで、綾野も心中穏やかではいられないだろう。

■“ガーシー砲”被弾の綾野剛にも寄り添う「反町隆史の名言」

 芸能プロ関係者は話す。

「一方で、社長役の反町さんはドンと構えているのではないでしょうか。4月7日配信の『マイナビニュース』のインタビューで反町さんが発した言葉が“刺さる”と大きな反響を呼びましたが、今の綾野さんの心境に寄り添った言葉にも思えるんです」

『マイナビニュース』のインタビューで、誰かに相談するタイプかどうかを問われた反町は「それはなかったかな」とし「昔は直接的な言葉で教えてもらうというより、先輩の背中を見て盗む、みたいなことのほうが多かった気がするし。基本的に僕は自分自身ですべて解決してきましたね」と話した。

 また、必要なことというのは意外にシンプルで、「結局はすべて時間が解決してくれる」ということもあると語り、反町が若手時代に出演した『男たちの大和/YAMATO』や『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』を手掛けた角川春樹氏(80)から、「向かい風が強く吹いて波が押し寄せているときは、むやみやたらに動かず、死んだナマコのように生きていくのがいいんだよ」と言われたと振り返った。

「綾野さんは今、以前にも増して逆風に吹かれています。そんな状況にあっては、まさに“むやみやたらに動かず、死んだナマコのように生きていく”という姿勢はアリなのかもしれませんね。綾野さんにしてもそうですが、反町さんの共演者にはトラブルが続いています。木下ほうかさん(58)もそうですよね」(前同)

■反町隆史主演ドラマには「性加害報道」の木下ほうかが出演

 3月に『相棒』を卒業したばかりの反町だが、4月9日からは主演ドラマ『今どきの若いモンは』(WOWOW)がスタート。

 同ドラマには、複数の女優に性的な行為を強要していたことが報じられ、所属事務所との契約を解除された木下も出演しており、5月21日の放送回は、木下の出演部分がカットされることなくそのまま放送された。

「加入料を払って視聴するWOWOWということあるのでしょうが、それほど騒がれることなく、いつのまにかドラマが放送されているんです。これも“むやみやたらに動かず”という反町さんの“死んだナマコイズム”や“死んだナマコ道”ゆえになせた業なのかもしれません。

『オールドルーキー』の反町さんは綾野さんの上司、社長役ということですから、現場でもどっしりと構え、綾野さんにも“騒いでもしょうがないからドンといこうぜ”とエールを送っている可能性もありそうですね」(前出の芸能プロ関係者)

 角川春樹氏直伝、反町が実践する「死んだナマコ道」でガーシー砲をいなし、『オールドルーキー』は無事にスタートするのだろうか!?

関連リンク

  • 5/26 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます