田中みな実が行き着いた境地「たいした相手じゃなかった」「こんなちっちゃな魚だったかな」自分磨きで元カレを忘却

拡大画像を見る

 5月15日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、ローランド(29)に田中みな実(35)が明かした“元カレの忘れ方”が注目を集めた。

 番組オープニングで弘中綾香アナウンサー(31)が「私“ナマ”ローランドさん初めてなのですごいうれしいです」と感激していたが、田中は「秘密というか、きっと言われたくないんだろうなぁってことを私は知ってるの」とローランドの秘密を知っているとコメント。

「なんだろ?」と怯えるローランドを横目に、田中は「ローランドさんって、意外と恋愛経験が少ないんです」と暴露。ローランドは「そうなんですよ」と苦笑いし、「恋愛番組とかで恋愛マスターみたいな席に座らされるじゃないですか。見てない映画を、予告編だけ見た映画でレビューしている感覚」と、“恋愛マスター”と呼ばれることに戸惑っていることを明かした。

 田中は「お仕事ではたくさんの女性たちをメロメロにしてきてるけど、でも実際はウブなの」「それがかわいくないですか」とうれしそうに熱弁。ローランドも「彼女できたことないです。1回も」と意外な事実を告白。男子校出身で、その後すぐに「恋愛をエンターテインメントとして売る」ホストの道へ進んだため、「ちゃんと恋愛したことって、今振り返ると、僕29歳なんですけど、1回もなくて」と語り、「いいギャップすぎません?」「だって、私が最初の女になれるってことですよね」と弘中アナを興奮させた。

 そんな“ウブな”ローランドだったが、彼女への譲れない条件について聞かれると、「条件つきの“好き”は“好き”じゃないと思ってる」「条件付きの“好き”って本当に好きなのかな?」といつもの“ローランド節”を炸裂、田中と弘中アナをうっとりさせた。

■田中みな実は、元カレを忘れるために自分磨き

 その後、視聴者からの「以前つきあっていた彼のことが、今でも好きで忘れられない」という相談に対し、ローランドは「例えば、3年前の晩ごはん、何食べたか覚えてます? それって忘れようと思って忘れたわけじゃない」「3年経ったら忘れてたって状況じゃないですか」「元カレの忘れ方の正しいやり方って、僕それだと思うんですよ。忘れよう忘れようと思ってるほうが忘れられない」とアドバイス。

 これ感銘を受けた様子の田中は、「本当にそうなんですよ。こればっかりは自分が体感しないといけないことで、他の人に時間が解決してくれるって言われても納得できない」「私も気づいたら時間が解決してくれていました。2年かかったけど」と自身の体験談を告白。

 田中は「忘れた素振りでもいいから、自分の生き方に集中する」と、趣味やエステ、仕事など自分磨きをするといい、「彼は置いてかれたような気持ちになると思うの。“こいつどんどん手が届かないところに行っちゃってるぞ。俺のことどうでもよくなっちゃってるのかな”って思うと、向こうが追いかけてくると思う」「だから自分を磨くってことに徹する」と元カレの忘れ方を熱く語り、「気づいたら相手がたいしたことなかったなと思うこともある」「あれ? こんなちっちゃい魚だったかな、みたいな」と続け、共演者を感心させていた。

 田中の重みのある言葉に視聴者からは「辛い事や悲しい事を乗り越えるにはやはり時間ってのは必要だと思う」「田中みな実さんの体験を聞いた感想は執念深そう(笑)」「すごく響いた」など、さまざまなコメントが上がった。

 田中は2012年に芸人のオリエンタルラジオの藤森慎吾(39)との交際が報じられ、それから約3年以上もつきあっていたことを明かしている。一時はそのまま結婚という噂もあったが、後に破局。田中は「私がいたらないことが多かった」と、藤森から別れを切り出されたことも明かしていた。この他にも一般男性との交際で浮気されたことがトラウマになったことも明かしており、そのたびに元カレを吹っ切る努力を続けてきたと思われる田中。失恋がバネになったのか、美容や仕事への姿勢など、田中のストイックな生き方は多くの女性ファンを獲得するきっかけにもなっている。

 昨年放送の『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)で、現在結婚願望はあるが、「しないという生き方があるかもしれない」と語っていた田中。今の彼女に釣り合う男はいるのだろうか。

関連リンク

  • 5/20 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます