イランがW杯出場決定! 日本は2位で次節の大一番へ/アジア最終予選

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選第7節が27日に各地で行われた。

 日本代表は中国代表と対戦。13分に大迫勇也がPKを決めて先制すると、61分には伊東純也が最終予選3試合連発となるゴールを挙げ、2-0で勝利し、2位をキープした。

 グループBで首位に立つサウジアラビア代表はオマーン代表に1-0で勝利。この結果、2月1日に行われる日本との直接対決にサウジアラビアが勝利すれば、グループ2位以上が決定することからW杯出場が決まる。また、日本と勝ち点差「1」で3位につけているオーストラリア代表はベトナム代表に4-0で快勝している。

 グループAで首位に立つイラン代表はイラク代表に1-0で勝利。これにより、3試合を残してグループAでの2位以上が決定し、開催国のカタールを除きアジア勢で最初のW杯出場を決めた。なお、イランは3大会連続のW杯出場となる。

 そのほか、グループAで2位の韓国代表はレバノン代表に1-0で勝利。3位のUAE代表はシリア代表を2-0で下している。

 アジア最終予選第7節の結果と順位表は以下の通り。

■第7節
▼グループA
レバノン 0-1 韓国
イラン 1-0 イラク
UAE 2-0 シリア

▼グループB
オーストラリア 4-0 ベトナム
日本 2-0 中国
サウジアラビア 1-0 オマーン

■順位表
▼グループA
1位 イラン(勝ち点19)
2位 韓国(勝ち点17)
3位 UAE(勝ち点9)
4位 レバノン(勝ち点5)
5位 イラク(勝ち点4)
6位 シリア(勝ち点2)

▼グループB
1位 サウジアラビア(勝ち点19)
2位 日本(勝ち点15)
3位 オーストラリア(勝ち点14)
4位 オマーン(勝ち点7)
5位 中国(勝ち点5)
6位 ベトナム(勝ち点0)

■第8節対戦カード
▼グループA
レバノン vs イラク
シリア vs 韓国
イラン vs UAE

▼グループB
日本 vs サウジアラビア
ベトナム vs 中国
オマーン vs オーストラリア

関連リンク

  • 1/28 14:12
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます