「神田沙也加さんショック」で“引退危機”の前山剛久、母・松田聖子が前を向く中…元カノ・小島みゆの「誹謗中傷訴え」が呼ぶ「さらなる波紋」

拡大画像を見る

 女優の神田沙也加さん(享年35)と交際していた俳優の前山剛久(30)の元恋人だと一部で報じられたグラビアイドル・小島みゆ(28)の所属事務所が1月26日に声明を発表し、波紋を広げている。

 事務所の公式サイトでは「一部週刊誌の報道について」と題し、「小島みゆ本人に事実確認を行ったところ、前山剛久氏とは実際にお付き合いをしておりましたが、2021年9月に前山氏からの申し出により解消しております」と、小島が前山と過去に交際していた事実は認めたものの、すでに関係は解消していたと発表。

 続けて「現在SNSで拡散されているLINEのスクリーンショットにつきましては、小島本人と前山氏のものではございますが、誤解を招く表現のところのみが抜粋されており、2人の関係は完全に解消されておりました」と説明。

 さらに「小島自身と致しましては、関係を解消した後、前山氏から連絡がきた際は、関係解消しているので当たり障りのないやり取りを意識していたとのことです」とした。

 また、「所属タレントのプライベートに関しましては、本人に任せておりますが、今回事実と異なる憶測も拡がっている為、このような形でご報告させて頂いた次第です。小島みゆ本人も今回の報道及びネットでの誹謗中傷などにより精神的に大変疲弊しております。関係各所及び弊社所属タレントを対象とした誹謗中傷については、ご配慮頂けますようお願い申し上げます」と、誹謗中傷被害を訴えた。

 これを受け、ネットには「あれを“当たり障りない”ととらえてるのが」「追い詰められた相手と別れた元カレに、その話を“面白そうだから聞く〜!笑”って返信するのが当たり障りないのか……」など、疑問を呈するコメントが寄せられている。

「12月18日に神田さんが急逝したという報道が出た直後から、小島さんが前山さんの“元カノなのでは?”という声がネットには飛び交っていました」(ワイドショー関係者)

■「当たり障りのないやり取り」が火に油

 ネットには前山と小島のLINEのやりとりも流出。

 神田さんとのやりとりが<めっちゃ大変だった!笑 今度話聞いてもらっても良い?>という前山のメッセージに、小島が<おもしろそうだから聞く~!笑>と返信しているというものだった。

「昨年9月に別れたとはいうものの、2人は親しげにやりとりを続けていて、小島さんの“おもしろそうだから聞く~!笑”という返信について、疑問を呈する声が出てしまっているのでしょう」(前出のワイドショー関係者)

 今回の小島の事務所の発表を受けて、「誹謗中傷勢の興味が他の話題にかなり移ったタイミングで、なぜ“当たり障りのないやり取り”というのツッコミどころ満載な燃料を投下するのか……」といった声も出ている。。

「神田さんの急逝から1か月が経ち、関係者もようやく心の整理をつけられるようになりつつあったのではないでしょうか。他の芸能ニュースやオミクロン株が猛威をふるう新型コロナウイルスに、話題が転じつつある中でもありましたからね。

 ただ、小島さんの事務所としては、小島さんに対するあまりにも心ない声が大量に寄せられたこともあり、自社のタレントを守る立場として声明を出さざるをえなかったのではないでしょうか。事務所としては誠実に声明を発表したわけですが、“当たり障りのないやり取り”という一文が、火に油を注いでしまったとも言えそうです」(前同)

■母・松田聖子には「前山さんを責めるのも違う」という思い

 神田さんと将来を見据えた真剣交際をしていた前山は、彼女の死に強いショックを受け、出演予定だった舞台を降板。芸能活動も休止しており、引退危機もささやかれている。

 神田さんの母で歌手の松田聖子(59)は、神田さんが亡くなってから初めて前山との関係を知ったという。

 1月20日発売の『女性セブン』(小学館)によると、松田は前山に関する数々の報道に触れて、動揺、怒りも覚えたようだ。

 しかし、「前山さんを責めるのも、誰かのせいにするのも違う。もし誰かのせいというのがあるなら相談を受けられなかった自分のせい」「だからこそ“沙也加の恋人のことはもう終わらせて”」という思いでいると記事では伝えている。

「聖子さんは3月10日には還暦を迎えます。本来であれば、大々的に記念イベントを行なう予定だったようです。ただ、現状はイベントを予定通り開催するかどうか話し合っている段階だといいます。それでも、『NHK紅白歌合戦』出場を辞退した一時期の何もできない段階から、少しずつ前向きに仕事をしていこうという思いも芽生えつつあるとも考えられる。

 聖子さんが“前山さんを責めるのは違う”という気持ちでいるという報道が出てから1週間足らずで、小島さんの事務所の声明があったため、ネットは大荒れの様相を呈しているのでしょう。“神田さんの逝去がふたたび注目を集める”ことにもなりかねませんからね……」(前出のワイドショー関係者)

 今後、前山、小島、そして松田――それぞれの今後の展開にも注目が集まっていくだろう。

◆いのちの電話
【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル 0570(783)556
午前10時~午後10時
フリーダイヤル 0120(783)556
毎日:午後4時~同9時
毎月10日:午前8時~翌日午前8時

関連リンク

  • 1/27 14:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 虎吉夫

    1/27 17:40

    簡単。テレビ、マスコミ、週刊誌が報じなければ一部の人間しか情報は拡散しない。

記事の無断転載を禁じます