三田寛子は「仮面夫婦」、馬淵優佳は別居&現役復帰、不倫夫を持つ妻が選んだ道

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 年明け早々、芸能界では結婚ラッシュが。桜井ユキと黒羽麻璃央、清水邦広、鷲見玲奈は一般人とゴールイン、そして結婚ではいないが関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスの熱愛で大型カップル誕生も! 2022年、どんな芸能人たちが熱愛、結婚、そして不倫劇を繰り広げてくれるのだろうか。

第585回(1/6〜1/18発売号より)
1位「三田寛子 三男成人で人生の大掃除『不倫夫は不要』宣言」(「女性自身」2月1日号)
2位「瀬戸大也 夫婦円満アピールの裏で…競技復帰の妻と別居生活目撃撮」(「女性自身」2月1日号)
3位「松本伊代 『パパが死んじゃったら老人ホームに入ります』」(「女性自身」2月1日号)
※ 女性セブンは合併号休み

 女好き、不倫癖は治らない病なのか――。ため息まじりにそんなことを思ったのは、昨年21年にまたも不倫が発覚した歌舞伎俳優・中村芝翫のことだ。スクープしたのは「NEWSポストセブン」。昨年末、京都のホテルで40代女性と連日食事をし、同じホテルの別々の部屋を取る。そして、その後芝翫がこっそり彼女の部屋へ――。

 一応マスコミ対策を取ったつもりだったが、ものの見事にバレて、その一部始終が報道されてしまった。しかも今回で3度目だ。

 最初の不倫スキャンダルは16年、襲名直前の橋之助時代に京都の人気芸妓との不倫を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられたが、この時話題になったのが妻・三田寛子の“神対応”。自宅前に集まったマスコミを前に、「深く夫婦で反省しています」と深々と頭を下げた。一方、不倫夫は会見で「不徳のいたすところ」を繰り返した。

 そして2度目が昨年21年正月。同じく「週刊文春」が23歳年下の“タニマチ”女性との不倫疑惑をスクープ、そしてまたも妻の三田が「週刊文春」の取材にこたえ、夫を擁護し、今後も支えていくことを語っている。

 3度目の今回、さすがの三田もあきれてあきらめたらしい。「女性自身」によると、3回目の不倫報道で、三田の心境はこれまでとは大きく変わったという。新春公演でもご贔屓への挨拶を早々に切り上げ京都へお墓参りに。子どもたちもみな成人したことで、これからは「自分自身の人生を生きる」と決意し、“卒婚”、つまり離婚はしないが、お互い自由に生きていく、という選択をしたと報じている。

 そうしなさい、そうしなさい。そんな賛同しかない三田の決意だが、しかし三田があきれたのは、夫の不倫の事実だけではないだろう。なにしろ三田はアイドル出身で当初、歌舞伎の名門の御曹司との結婚を反対された。それでも結婚を果たし、必死に夫を支え、3人の子どもを育てあげた。梨園になじもうと必死に頑張った。そして周囲にも認められるようになった。そんな三田だから“女遊びは芸の肥やし”という長年根付いた梨園の風習、悪習も、ある程度飲み込んでいたはずだ。

 でもね、浮気は仕方ないとしても、それが3度もマスコミにバレてしまう。これは許し難いことだっただろう。マスコミに大々的に報じられ、世間に広く知れ渡る。これまで2度も自分の対応で、夫の、家族の窮地を乗り切ってきた。それなのに、性懲りもなく浮気するだけならまだしも、またもやマスコミにすっぱ抜かれた。その脇の甘さ、アホさ加減にあきれているのではないのか。そのことで三田の女性として、妻としてのプライドも大きく傷ついたろうし。しかも今回の芝翫の言い訳にもあきれたはずだ。「(女性のホテルの部屋に入ったのは)薬をいっぱい持っている別の男性がいた」「胃薬をもらっていた」だもの(苦笑)。

 しかし三田は、これまで梨園という妖怪がウジャウジャいそうな世界で果敢に生き、渡ってきた女性だ。子どもたちも歌舞伎の世界で生きている。子どものため、家のため仮面夫婦の道を選んだ(今のところ)。

 そして、もう一人の浮気男・瀬戸大也とその妻・馬淵優佳の近況を同じく「女性自身」が報じている。こちらも前述の中村・三田夫妻と同様、夫の不倫が発覚してもそれを許した(一応表面上は)。そして返す刀で妻はテレビ露出を増やしていった。テレビコメンテーターとして、ドラマ女優として。そして1月6日、飛び込み選手として現役復帰を表明した。瀬戸との結婚以来、夫を支えるために競技をやめ、専業主婦となっていた馬淵が、一転すごい活発な動きだ。

 その背景には不倫でスポンサーも離れ、経済的問題もあるのだろう。しかし、専業主婦となって夫を支えようとして裏切られた妻の“リベンジ活動”でもあるのだろう。不倫する男は往々にして妻が社会活動することにあまりいい顔をしない傾向にある。でも、それがバレるとしぶしぶ認める(と個人的には思う)。

 そんな瀬戸と馬淵だが、しかし「自身」によると別居中なのだとか。瀬戸はパリ五輪へ向け国際大会に出たり各地に遠征したり。そして馬淵は練習拠点を栃木に移し、単身でアパート暮らし。そして子どもたちはお互いの両親たちが面倒を見る――。これがこの夫妻の今のところの“答え”なのか。「自分が本当にやりたいことを見つけた」という馬淵にエールを送りたい。

 そんな不倫ネタが続く「女性自身」だが、すごく楽しいホッコリ記事が! それが松本伊代ちゃんのインタビュー記事だ。タイトルからしてイケてるが、伊代とヒロミの仲良しぶり、夫婦円満ぶりがこれでもか! と記されている。昨年末、デビュー40周年を迎えた伊代。自宅でヨガ中に背骨を骨折、一時寝たきりとなったが「パパが身の回りのお世話を全部してくれました」だって。

 多忙を極めるヒロミだが、なんと素敵な旦那さま。そして伊代は、夫に全面的な信頼を寄せる。もしヒロミが先に死んだら、老人ホームに入ろうかと考えているらしい。こんなことをノホホンと言える伊代。そんなノホホンなインタビューを読みながら、ふと考えてしまった。ヒロミは浮気はしないのだろうか、と。09年6月、有名インストラクターとうわさになったことがあったが、この時ヒロミは芸能界から離れていた時期。もし今、同様の疑惑が浮上したら――。考えるだけでも怖い。

  • 1/18 21:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます