「飲めない酒を強要され、説教、先に帰ってはいけないという謎ルール」 "飲み二ケーション"に辟易する人々

拡大画像を見る

コロナの新規感染者はいまのところ落ち着きを見せ、忘年会シーズンが到来。職場によっては「飲み会」を復活させようとする動きもあるだろう。しかし、キャリコネニュースにはそれに伴う「飲み二ケーション」が嫌だという読者からの声が届いている。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは飲みニケーションをテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/9D72MQLO

「こんなことされて、また参加したいと思いますか?」


千葉県の40代男性(事務・管理/年収1200万円)は、「飲み会は嫌い」と断言する。

「アメリカからの帰国子女で、帰国後、全て外資企業でのキャリアですが、夜の飲み会は嫌いな性格です。通勤時間を費やした上に、勤務時間を消費しているので、仕事が終われば、自分の時間を大切にしたいと思います。特に、実費を要請する会社の飲み会には、自分は絶対参加をしません。任意で知り合いとの飲み会は別です」

また、神奈川県の40代男性(教育・保育・公務員・農林水産・その他/年収200万円)は、飲み会を「利用する」人が問題だと主張する。

「飲みニケーションそのものは悪いものではない。それを利用している人間が悪くしてるんです。無理矢理参加させられて、飲めない酒を強要され、上司や先輩には説教され、 こちらの意見は頭ごなしに否定され、先輩や上司よりも先に帰ってはいけないという謎ルールにより、なかなか帰らせてもらえない。こんなことされて、また参加したいと思いますか?」

コロナ禍を経て、飲み会の在り方は変わっていくのかもしれない。

関連リンク

  • 12/3 19:48
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 無理させてまで飲ますのは駄目だろうよ。

  • いち(

    12/4 12:51

    飲み会が悪いわけではない、何かと強要してくる奴が悪いんです。

  • 以前勤めていた会社は、忘年会や新年会は飲み会というより美味しいもの食べる会という感じで嫌いでは無かったです。10人しか居なかったので仲良かったですし、あと仕事の話はしないというルールも決まっていました。

記事の無断転載を禁じます