男性版モナ・リザが13万円から510億円?映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』

拡大画像を見る

 絵画(アート)の世界は面白い。そのことを「一時は13万円で落札された絵に510億円の値がつけられる」衝撃の事実から教えてくれるのが、2021年11月26日より公開されているドキュメンタリー映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』である。

 天文学的な値段で売り買いが行われる絵画は、言うまでもなく一般市民には手が出せない存在であるし、そもそも興味がないという方もいるだろう。だが、本作は絵画や美術界について詳しくない人でも問題なく楽しめる、劇中で起こる出来事そのものがエンターテインメントになっている、実は万人におすすめできる内容でもあったのだ。さらなる魅力を記していこう。

「真作か贋作か」をめぐるミステリーの面白さ

 2017年、レオナルド ・ダ・ヴィンチの最後の絵とされる「サルバトール・ムンディ」=通称「男性版モナ・リザ」が史上最⾼額となる510億円で落札された。だが、それは本当にダ・ヴィンチの真作(偽物・贋作ではない)だったのか……?その謎を、ジャーナリストや美術商などの有識者のインタビューから紐解いていく。

 ニューヨークの美術商が、名も無き競売会社のカタログに掲載されたその絵を落札した2005年時点での価格はたったの13万円だった。だが、さまざまな憶測を呼びつつもその絵は次第に「ダ・ヴィンチの作品」として見られるようになり、莫大な金額が動くことに目をつけた連中がうじゃうじゃと集まることになる。

 その「真作か贋作か」という判断の材料そのものが、わかりやすく描かれている。例えば、「背景の塗り重ねた部分を洗浄すると、なぜか親指がもう一本現れる」というとんでもない事実が提示されたりするのだ。

 素人目でもこれは怪しいと思うわけだが、それでもダ・ヴィンチの作品であるという説明はつけられる。それ以外にも「工房の弟子が描いていたのかもしれない」「この絵に来歴はないから目で見て確認するしかない。優れた絵にはオーラがある」「X線による科学的分析」など多数の検証が行われ、果ては専門家ではない「絵を観に来た一般人」に決めさせようとする様までも描かれる。

 人によって真っ二つと言っていいほどに意見が分かれる絵画をめぐる思惑や混乱は、それ自体がミステリーのようで面白い。まさに「事実は小説より奇なり」を体現したような話であり、中でも(映画の冒頭部で提示されているし公式サイトにも記されているが)この絵が現時点でどういうことになっているのか、とわかる顛末には驚きを禁じ得ないだろう。まずは「ええっ!?本当にそんなことがあるの?」という衝撃と面白さを期待してほしい。

 本作では絵の真作か贋作かの審議の他に、「美術界のからくり」や「莫大な⾦銭の取引」も生々しく描かれている。厳重な警備体制の中で暮らしている大金持ち、⼿数料を騙し取ろうとする仲介者、国際政治での暗躍が噂されるある国の王子など、真っ当な権力者だけでなく、「魑魅魍魎」とも言っていい不届き者たちも、この絵をめぐるバトルに参加するのである。

 絵画が芸術品としての評価うんぬんよりも、もはや「投資商品」になっていることも綴られおり、中には「よくもまあ、こんなギリギリで表向きは合法な金儲け(節税)の手段を見つけるものだ」と、皮肉混じりで感心してしまうシーンもあった。

 本作の面白さは、これらの動向がおかしみにもつながっている、ある種のブラックコメディにも見えることにもあるのではないか。何しろ、劇中の「男性版モナ・リザ」は前述した通り「人によってダ・ヴィンチの真作か贋作かの意見もバラバラ」「絶対的に価値のあるものだと断定されていない」のだから。

 その絵に対して莫大な金額をオークションで提示する様も、良い意味で「遠い世界の話」のように思えてくる。これほどリスキーなギャンブルも、そうそうないだろう。一瞬だけの登場ではあるが、誰もが知るハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオが、とある「利用」をされているシーンも苦笑してしまった。

 劇中では、ジャーナリストが「美術界は秘密だらけで不透明で規制がない。いかがわしい闇の王国だよ」と表現する一幕もある。まさにその通りで、黒い欲望にまみれた者たちが大きな賭けに出たり、ギリギリ合法の手段で大儲けを企んだり、真偽が不明の噂がさらなる噂を呼ぶ様は様は、闇の王国と呼ぶにふさわしい。

 とは言え、本作が絵画の世界を糾弾したり告発する意図で作られてるわけではないだろう。あくまで「先の読めないスリリングな事実が波状的に提示される、欲望まみれのミステリー・ノンフィクションムービー」という娯楽作として、中立的かつ客観的な視点で観られることが長所。美術界に携わる方にとっても、おそらくはこの後の「指針」にもなる内容ではないか。ぜひ、赤裸々に暴かれる絵画の世界の面白さを、劇場で堪能してほしい。

『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』
11/26(金) TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
監督:アントワーヌ・ヴィトキーヌ
原題:The Savior For Sale/100 分/フランス映画/カラー/ヴィスタ/5.1ch デジタル/ 字幕翻訳:松岡葉⼦
C)2021 Zadig ProductionsC)Zadig Productions – FTV
公式サイト:gaga.ne.jp/last-davinci/

  • 11/26 20:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます