“クズ芸人”相席スタート山添のスキャンダル発覚で謝罪・釈明!

拡大画像を見る

ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)初の地上波冠番組で、ニューヨークが王道企画の魅せ方を新たに考案し、“NEW”な笑いを生み出すべくチャレンジする『NEWニューヨーク』(テレビ朝日系、毎週木曜25:56~)。最新回は「山添スキャンダル記者会見」と題し、11月25日、12月2日の2回に渡って放送される。

8月にニューヨークの2人に記者会見ドッキリを仕掛けて、過去のスキャンダルやプライベートでの素顔を芸人仲間が暴露する「スキャンダル記者会見」が放送され好評を得たばかりだが、今回の「山添スキャンダル記者会見」はドッキリ対象をニューヨークから、相席スタートの山添寛へ変え、前回同様、記者席に山添ゆかりの芸人たちを招いて、山添のスキャンダルをあぶり出す。

山添は現在「クズ芸人」としてブレイク中。番組では、その山添がスキャンダルなどで芸能界から干されてしまわないよう、週刊誌より先にここでスキャンダルを放出させて、釈明させてしまおうという趣旨のもと、山添の普段の悪事をよく知るダイタク(吉本大、吉本拓)やネルソンズ・岸健之助、ニューヨーク・嶋佐が記者席に座ってスタンバイ。前回同様、こっそり本物の記者まで忍ばせて、山添の悪事を実際の生々しい写真などの証拠を持ち込んで暴いていく。

記者席から飛び出す山添への質問もかなり突っ込んだものばかりだ。前編では「某大物芸能人のギャラを山添が横領した疑惑」や、「相方・山崎ケイとの不倫疑惑」にスポットが当たるほか、後編ではプライベートの知人からのタレコミも相次ぎ、「女性に金品を要求疑惑」「ヤンキーだった学生時代の悪行」にもメスが入る。

山添の相方・山崎ケイは同じく記者会見席に座るものの、会見の情報は事前に知っており、同伴者として山添をフォローするふりをしつつ、「でもそういえば……」と会見をさらにヒートアップさせていく重要な役割を担う。説明もないまま本物さながらの記者会見会場に足を踏み入れる山添の戦々恐々とした表情や、「クズキャラ」全開の開き直りっぷりに注目だ。

関連リンク

  • 11/25 9:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます