明治通り沿いの路地の先には、大人を癒すイタリアンがある

この9月、「渋谷氷川神社」ほど近くに誕生したイタリアンが早くも話題。

チェルシーにあるギャラリーをイメージしたというファサードが目を引く一軒だ。



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

ロンドンの街角のような和やかな明かりに、つい誘われる

元は、ガレージだったという場所をリノベーション。間口の広さや天井の高さを生かして、一度前を通れば間違いなく記憶に残る店構えに


シェフの榎 大輔さんとマネージャーの小池純平さんは恵比寿『ALTRO!(アルトロ)』を経て、一緒に独立。

繊細なレシピで一世を風靡した『カノビアーノ』での修業経験を持つ榎さんが作り出すのは、ハーブやフルーツを巧みに使うなど、さりげなく手のかかったリストランテ仕込みの料理。

この新店『SES(セス)』では、小池さんの奥様・真奈美さんもスタッフに加わり、3人が醸し出す和やかな空気感も心地よいのだ。

ついついワインが進んでしまう、上質な料理ぞろい!


「富士宮・長谷川農産のマッシュルームと洋梨のサラダ」2,200円には、密な身質で食感の良いマッシュルームをたっぷりと。

下には洋梨とリコッタチーズのペーストが。


炙ったハモと山盛りのみょうが、アサリの出汁が調和する「ハモとみょうがのスパゲッティーニ」2,900円。


「青森シャモロックのサルシッチャとレバームース 柿のアグロドルチェ」4,200円。

地鶏の旨味が詰まったサルシッチャを、なめらかなレバームースやとろりと煮た柿とともに(すべて価格は2名分)。

壁の黒板には、グラスワイン(1,100円~)がずらり


そして、それらに合わせて小池さんが選ぶグラスワインは、常時約20種類!

「季節感を盛り込み、気負わずに食べられる軽やかな料理と幅広くそろえたワインとを、自由に楽しんでいただけたら」と小池さん。

イタリアワインに主軸を置きつつ、グランヴァンから自然派、日本ワインまで、「料理に合う」ことを基準にセレクト。

銘柄名の頭に「芳醇」「余韻」といった味の印象が書いてあるので選びやすい。

「セッション」をイメージした壁画


店名の『SES』は「セッション」の略。

料理とワイン、小池さんたちと訪れるゲスト……etc.、さまざまな形の“セッション”が生まれ、和やかに夜が更けていく。



9月にオープンしたばかりだが、すでに安定した居心地で多くの人を魅了させている『SES』。

名店譲りの確かな味と、ついつい長居したくなる空間は、リピート間違いなし!


▶このほか:毛ガニの濃厚な香り漂う「パエリア」にもう夢中!美食家が予約争奪戦をする話題店

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/25 5:02
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます