1年間で約27,000本の苗を寄付!時計の箱がマングローブ1本になる『Eco Tree ACTION』


シチズン時計は、2020年11月1日から国内で開始したシチズンブランドの腕時計の購入時に、ボックス不要を選択することで、国際NGO「NICE」を通じてマングローブ(※)の苗1本を寄付する『Eco Tree ACTION(エコツリーアクション)』において、1年間で約27,000本の苗を寄付する。

1年間で約27,000本の苗を寄付


時計のボックスは主に紙で作られているが、包装資源を削減すると共に、地球温暖化防止に重要な植物であるマングローブの苗を寄付しカンボジアに植樹する同プロジェクトを2020年11月1日から開始しており、2021年10月31日(日)までの年間のボックス不要集計分(出荷ベース)で約27,000本の苗を寄付する。

27,000個のボックスはCO2排出量に換算すると、杉の木255本の年間CO2吸収量に相当する3.6トンとなる。


マングローブは大気中の多くの二酸化炭素を取り込み、気候変動の要因とされる地球温暖化の防止に寄与する。また、マングローブの植樹は、汽水域に生息する多くの生物の多様性を守るだけでなく、沿岸地域に住む人々の 暮らしを守ることにも繋がっている。

シチズングループ環境ビジョン2050


同社は、持続可能な市民社会の実現のために長期的視野で環境問題に取り組む、「シチズングループ環境ビジョン2050」を2020年4月1日に改訂し、循環型の社会と経済の実現に貢献する「シチズングループ資源循環ビジョン2050」を新たに策定した。『Eco Tree ACTION』はこれに基づいた取り組みとなっている。

同社は、今後も「シチズングループ資源循環ビジョン2050」のもと、循環型社会の実現に貢献していく。

興味のある人は、『Eco Tree ACTION』をチェックしてみて。

シチズングループ環境ビジョン2050:https://www.citizen.co.jp/social/environment/vision/index.html

※海水と淡水が入り交じる汽水域に生育している植物を総称して「マングローブ」と呼んでいる。

画像をもっと見る

  • 11/23 12:52
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます