【スシロー】このお値段でいいんですか? 1つ星シェフコラボの「すき焼き海鮮しゃり弁」が贅沢すぎる

拡大画像を見る

コロナ禍でのニーズに応え、さまざまなテイクアウト商品が発売されている今。回転寿司チェーンの「スシロー」からは、1つ星シェフの鳥羽周作氏と共同開発した持ち帰り専用メニューが発売されました。その第一弾をさっそく実食!

「新ガチうまPROJECT」とは?


「新ガチうまPROJECT」とは、スシローの社長・堀江氏と東京・代々木上原にあるミシュラン1つ星レストラン「sio」の鳥羽シェフとの交流から始まった商品開発プロジェクト。

冷めても“ガチ”でおいしいメニューとして誕生したのが「すき焼き海鮮しゃり弁」(11月10日11月10日発売、1100円)です。

「冷めてもおいしい」というより、むしろ「冷めているほうがおいしい」といううたい文句にひかれて、さっそく近所のスシローで買ってきました。


スシローこだわりのほどよい甘みのしゃりに自慢の海鮮、そして鳥羽シェフ監修の甘じょっぱい「すき焼き」がちりばめられています。

これまでの概念をくつがえす、“すき焼き”と“寿司”の新たな出会いが楽しめます。


筆者は鳥羽シェフのレストランで何度か料理を食べたことがあり、どれもみんなおいしかったので、この「すき焼き海鮮しゃり弁」への期待値も高かったのですが、すき焼き×海鮮という未知の組み合わせには戸惑いを隠せず…。買うのはちょっぴり勇気がいりました。

でも、ふたを開けるだけで、それが杞憂だったとわかります。


大みそかとお正月がいっぺんに来たような豪華な具材の数々!

どれも大ぶりで、たっぷりのせられていてビックリ。彩りもよく、甘辛い香りに食欲がそそられます。

すき焼きと海鮮のバランスが絶妙!!



すき焼きのお肉に、エビやサーモン、ホタテに加え、数の子やイクラなどの高級具材ものっています。お肉はパサつきもなくしっとり、脂はスッキリ。


夢中で食べすすめていくと、シャリの上には甘酸っぱい「なます」が、中具には刻がんだシイタケが入っていました。タマゴやきゅうりの食感もアクセントになり、ひと口食べるたびに贅沢な気分に。


牛肉と海鮮がたっぷり入って1100円。これはなかなかお値打ちではないでしょうか。

年末年始には、さらにゴージャスな「すき焼き海鮮おせちらし」も登場


12月15日(水)からは、すき焼きに数の子、カニ、うに、あわび、いくらと、さらに贅沢な海鮮三昧の「すき焼き海鮮おせちらし」(11月15日予約開始、1890円)も登場するそう。年末年始は、おせちバージョンを味わうのも良さそうですね。ただし期間限定、なくなり次第終了なので、食べたい人は早めの予約がおすすめ。

(ライター/Momo*Kinari)

スシロー公式サイト
https://www.akindo-sushiro.co.jp/campaign/detail.php?id=2506

関連リンク

  • 11/20 10:30
  • リビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます