キャサリン妃、「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」で2019年着用のロングドレスを着回し

拡大画像を見る

現地時間18日にロンドンのロイヤル・アルバートホールで開催した「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」の会場で、豪華なドレスとヘアスタイルで現れたキャサリン妃が人々の熱い視線を独り占めした。

妃が着ていたのは「ジェニー・パッカム」による全体にシークインを施したロングドレスで、2019年にウィリアム王子とともにパキスタンを訪問した際に着用したものだ。

そして今回ドレス以上に目を引いたのが、いつもより強めのカールをかけた華やかな髪形だ。片側から分け目を大きく取り、モダンなスタイルに仕上げている。

会場で妃と対面した式典の司会者でコメディアンのアラン・カーは、「絶対的に美しいですね!」と感激を伝えた。

そして、隣に立つタキシード姿のウィリアム王子に向けて「陛下は、私が誰であるかをご存じないと思います。でも、あなたの奥様を口説いているわけではありませんよ」とジョークを述べた。

アランは2018年に長年のパートナーだったポール・ドレイトン氏と同性婚している。

パフォーマンスが始まる前には、キャサリン妃が10歳の女児から花束を贈呈され、ウィリアム王子は10歳の男児からイベントのプログラムを手渡された。

華やかな席に合わせた妃の豪華な姿に、SNSでは王室ファンから感激の声が多数寄せられた。

「キャサリン妃はいつものように素敵で、輝いている。」
「マーメイドを思わせるわね。」
「素晴らしい! キャサリン妃のこの髪型がとても気に入ったわ。」

同式典は、エリザベス女王がパトロンを務める慈善団体「ロイヤル・バラエティ・チャリティ」の支援活動として開催する毎年恒例のイベントだ。1912年の開始以来、今回で109回目の開催となる。

同団体は1921年にジョージ5世がパトロンに就任して以来、今年で100周年を迎えることになる。

会場では著名なパフォーマーや歌手、舞台役者、英国コメディアンなどがパフォーマンスを披露し、集まった寄付金は介護や支援を必要としているエンタメ業界の人々に贈られる。

今年は歌手エド・シーランやロッド・スチュワート、ジェームス・ブラントなどの豪華アーティストがステージでパフォーマンスを行った。

イベントには毎回王室メンバーが出席し、会場のロイヤル・ボックスから舞台を鑑賞するのが通例だが、昨年はパンデミックのため会場に観客を入れず、バーチャルで開催した。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年11月19日付Instagram「Attending this year’s Royal Variety Performance and meeting amazing entertainers from the world of theatre and music last night!」、2019年10月15日付Instagram「At the iconic Pakistan National Monument The Duke and Duchess of Cambridge celebrated the very best of Pakistani music and culture,」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 11/20 11:31
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます