「もう無理だな」ラブラブカップルが別れを意識する瞬間

拡大画像を見る

 誰が見てもラブラブなカップルが急に別れてびっくりした経験のある人もいるのではないでしょうか。今回はラブラブカップルが別れを意識する瞬間を4つご紹介します。 


好きすぎて意見が言えないとき

ラブラブカップルはお互いが好きすぎるあまり「自分の意見を言って嫌われたくない」という気持ちが強い傾向にあります。最初のうちはいいですが、言いたいことが言えないので、不満がどんどんたまっていきます。不満がたまっていくと、ある日突然大喧嘩になることも。初めての喧嘩がきっかけで別れを意識するカップルも多いです。お互いに気遣いは必要ですが、ときには本音で話せることも大切なのです。不満が小さいうちに相手に嫌なことは嫌と相手に伝えることができれば、多少喧嘩になっても、大喧嘩をして別れを意識することは減ります。 


いいところしか好きになれなかったとき

お互いにいいところだけしか見ずに交際をスタートさせたラブラブカップルは、相手の欠点が目につき、別れを決意することも。完璧な人間はいません。いいところも悪いところも認め合えるカップルこそ本当にラブラブなのです。 


お互いを知りすぎてしまったとき

ラブラブカップルは常に一緒にいるので、ネタ切れ状態になることがあります。お互いを知りすぎてしまうと刺激が少ないので、早い段階で倦怠期が訪れ、別れを考えてしまうのです。ミステリアスな一面を持っている方が「何か気になる」「もっと知りたい」と思ってもらえるので刺激になります。 


束縛がひどいとき

交際するとある程度ルールはありますが、どちらかの束縛が強くなると別れを決意するカップルが多いです。どちらも束縛とは感じず、納得しているルールならいいですが、負担になると「別れようかな」と考えてしまいます。どんなにラブラブでも一人の時間は必要です。相手の交友関係を厳しく制限するのはやめましょう。 ラブラブでも油断してはいけません。言いたいことはタイミングを見て相手に伝え、いいところも悪いところも受け入れられるカップルはずっとラブラブでいられます。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/20 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます