吉高由里子主演TBS『最愛』松下洸平・高橋文哉の神演技連発で考察過熱も…足を引っ張る田中みな実の「薄味演技」

拡大画像を見る

 吉高由里子(33)主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第5話が11月12日に放送され、俳優陣の熱演による謎が謎を呼ぶ展開に、視聴者の考察が加熱。一方で、田中みな実(34)の演技が微妙で浮いていると、苦言が寄せられている。

 このドラマは、実業家・真田梨央(吉高由里子)と、梨央の初恋の相手だった刑事・宮崎大輝(松下洸平/34)、梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新/47)を中心に、15年前の失踪事件から現在の連続殺人事件へとつながる謎に迫る、完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。

 第5話では、梨央と再会した弟の朝宮優(高橋文哉/20)が、9年間、自分がどのような人生を歩んできたか、そして携帯電話の記録動画から自らの罪を打ち明ける。一方、大輝は15年前に大麻事件を起こした元陸上部員の長嶋透(金井成大/31)のもとを訪ね、事件当夜に関してある重要な証言を得る。

 そんな中、真田グループの情報を嗅ぎ回る、フリーライターの橘しおり(田中みな実)について調査していた加瀬は、後藤信介(及川光博/52)と彼女の接点を突き止める。そして、優と語り合った梨央は、2人が生まれ育った白川に行くため、飛騨高山行きの高速バスに乗り込んで……という展開。

 警察に自首するという優、弟を逃がそうとする梨央、警察としての立場と梨央と優を守りたいという気持ちで葛藤する大輝。また、子どもたちを守るために告白動画を残した父・朝宮達夫(光石研/60)など、演者たちによって複雑かつ繊細な感情が表現され、多くの視聴者の感動を呼んだ。

■芸達者ぞろいの中、田中みな実だけ…

 特に、松下と高橋の演技への反響が大きく、ツイッター上では「松下洸平の演技が爆発的にいい。目線の外し方とか、間合いとか、息づかいとか、抑揚のない話し方とかスゴい」「高橋文哉さんいい演技されるな〜、この若さであれだけのはかなさを表現できるのはスゴいと思う。一気に引き込まれた」などと、絶賛の声が相次いでいた。

 また、考察も盛り上がっていて、「姉を守るために渡辺を刺してしまった優を、達夫が抱き締めて叫び声をあげている背後に人影が写っている。渡辺の遺体を埋めたとき、もう1人いた?」「加瀬がラストで事件現場で検証してる動画。池は遠いし、優は半袖。優はやってない」など、映像の細かい箇所までチェックして犯人は他にいるはずだと推理していた。

 さらに、「橘しおりの母校の法都大学は、大輝の母校の白山大学と駅伝で競っていて、交流があることから、しおりは男子寮のパーティーに参加していて、渡辺の被害者だった?」「岡山天音(27)が元陸上部員で富山県警刑事にキャスティングされてる時点でほぼ怪しい」など、15年前の陸上部関係者にも注目が集まっている。

 そんな中、残念だったのが田中みな実だ。これまで、『M愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)や『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)などで俳優として評価が高まっていて、今回も「元アナウンサーだけにボソボソ話しても、しっかり聞き取れて感心した」などの声もあったのだが、それ以上に否定的な声が多い。

 それは「田中みな実さんの演技は微妙。演出でもあるのでしょうが、スゴ味が薄くて変です」「声を低くしてやっているのがわざとらしく、いかにも演じてますって感じで笑っちゃう」などで、汚れ役を買って出た田中だったが、今回はキャスティングミスだったのかも。ドラマとしての出来は抜群なだけに惜しいところだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

■評価の高まる高橋文哉の兄弟ショット

 思い悩むシーンが多い高橋文哉。この笑顔は貴重!

※画像はTBS『最愛』公式ツイッターアカウント「@saiai_tbs」より

関連リンク

  • 11/19 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます