「土屋鞄」の新たな取り組み!古くなった自社革製バッグのリユース品を店頭販売


革製品の鞄や小物を製造販売する「土屋鞄製造所」が、古くなった自社革製バッグを綺麗に修理し、リユース品として店頭販売。11月19日(金)~12月19日(日)の期間限定で、東京・中目黒のランドセル専門店内に専用コーナーを設け、「Reuse items POP UP STORE(リユースアイテムズ ポップアップストア) 童具店・中目黒」として展開する。

西新井の工房で専門の職人が修理&メンテナンス


今回の取り組みでは、家庭で使わなくなった同社の革製バッグを無料で引き取り、職人が修理した製品を約150点販売。


バッグは全て、東京・西新井の工房で、専門の職人が丁寧に修理、メンテナンスを行い、製品の状態に応じてクリーニングや保革、補色といった革のメンテナンスのほか、内装の張り替えや破損パーツ(ファスナー等)の交換、糸のほつれ直し、除菌加工などを行っている。

経年変化で革の風合いなどが異なる“一点物”ばかり!


リセールされるアイテムは、トートバッグやショルダーバッグ、ボストンバッグなど豊富な品揃え。全て、経年変化で革の風合いなどが異なる“一点物”で、中には限定生産品や廃盤品といった希少なものもあり、「土屋鞄」の歴史が感じられるラインアップとなっている。


価格は、定価の5割から7.5割程度(税込12,300円~135,800円)で、販売後は新品と同様に修理サービスにも対応。アフターサービスも万全だ。


販売期間は1カ月間。ただし、約150点の製品がなくなり次第終了となる。

来年3月目途にリユース事業を本格稼働

今回は引き取り・販売ともに期間限定での実施だが、修理体制等を整えながら、2022年3月を目途に引き取り・販売を通年のサービスに切り替え、リユース事業を本格稼働していくという。

アパレル業界でも進んでいる、環境に配慮したサステナブルな取り組みに注目だ。

■Reuse items POP UP STORE 童具店・中目黒
・期間:11月19日(金)~12月19日(日)
・住所:東京都目黒区青葉台3-19-8 「土屋鞄製造所 童具店・中目黒」内

土屋鞄製造所URL:https://tsuchiya-kaban.jp

画像をもっと見る

  • 11/19 8:59
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます