アンテナのない部屋やバスルームでもテレビや動画 「プライベート・ビエラ」

拡大画像を見る

パナソニックは、バッテリー内蔵のモニター部とチューナー部で構成されたポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」3モデルを2021年11月19日に発売する。

BD&DVDドライブ搭載モデルも用意

チューナー部にアンテナを接続し、モニター部に映像をワイヤレスで転送。アンテナ線のない部屋やアンテナ線の届かない部屋などテレビの設置できなかった場所でもコンテンツを視聴できる。

モニター部はIPX6/7相当の防水機能を備え、バスルームやキッチンなどの水回りでも楽しめる。タッチパネルを実装し、濡れた手でも各種操作をタッチで行える。薄めた食器用の中性洗剤でモニター部をまるごと洗える。別売の防水リモコンでの操作にも対応する。

テレビ放送のほかインターネット動画配信サービスなどの視聴が可能。ブルーレイディスク(BD)/DVDドライブ搭載モデル「UN-15LD11」はBD/DVDソフトの再生もできる。

Bluetooth(ブルートゥース)に対応し、ワイヤレスイヤホンなどとも接続できる。無料のスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」を使用すれば、外出先でもチューナー部から放送中の番組や録画番組をストリーミング再生して楽しめるほか、ダウンロードして持ち出すことも可能だ。

「音声プッシュ通知」に新たに対応。IoT(モノのインターネット)対応家電と連携し、洗濯や調理の動作の通知や室内の温度上昇などの情報を音声でアナウンスする。また「ゴミの日」や「薬の時間」などうっかり忘れがちな情報を登録することで音声通知を行える。

「置き時計」機能では、コミュニケーションアプリ「LINE」と連携し、スマートフォンから本機へ予定や伝言、メモの追加などが可能だ。

15V型でディスクドライブ、500GB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)内蔵「UN-15LD11」、ドライブ非搭載で外付けHDD対応の15V型「UN-15L11」、同10V型「UN-10L11」3モデルをラインアップする。

いずれも価格はオープン。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/18 14:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます