AKB48横山由依、卒業前の「置き土産」事故?生配信で“透けすぎ大サービス”!

拡大画像を見る

 AKB48の横山由依が11月6日、ライブ配信アプリ「17LIVE」で生配信。インナーを透けさせる“アクシデント”でファンを歓喜させた。

 横山は9月にグループからの卒業を発表。今後は「女優を目指して頑張っていきたい」と明かしていた。この日は卒業コンサートまでいよいよ3週間ということで、生配信でファンと交流。しかし、なぜかファンの視線は横山の胸元に集中することに…。

 ネット上では「あれ、ゆいはん気がついてないのかな? ずっと白い肌着が透けて見えてるんだけど!」「この服、めっちゃ透け感あるね。わざとなのか?」「透け感どころか普通に見えてしまっている。これもファンサービスの一環?」「これはもうほぼマッパと言っていいだろう。めちゃくちゃイヤラしいわ~。まさかこの格好で外出なんてしてないよね?」などと大興奮の声が飛び交う事態となったのだ。

「この日、横山は薄いブルーのブラウスで登場したのですが、生地自体がかなり薄手のもの。そのため確かに下に着けている白いものがクッキリと浮かび上がり、まるで“透視メガネ”で彼女を見ているようでしたね。本人はそのことに気づいてないのかはわかりませんが、背中を見せたり腕を上げて脇の下を全開にしたりと、あらゆる角度で“大サービス”。ファンにとってはたまらない置き土産となったでしょうね」(ネットニュースサイトライター)

 横山も気がつけば28歳と大人の女に変身。グループ卒業を機に、これからもどんどん艶っぽい姿を披露してもらいたい。

(ケン高田)

関連リンク

  • 11/18 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます