「フードロス対策」でザクザクポイントが貯まる!お得に貢献できる身近なサービス3つ

拡大画像を見る

以前のポイントプログラムはお店の囲い込みのためでした。最近のポイント付与は、単純な囲い込みのためではなく、消費者を誘導する目的で利用される事が増えています。

野村総合研究所発表の資料(※)によると、ポイントの有無で購入する商品やサービスが変わると言う人が6割程度になっており、ユーザーに「ポイントで購入する商品を変更させる」こともできるわけです。

これらを利用して、様々な問題解決を行うサービスが誕生しています。

毎日茶碗1杯分が捨てられている

そのひとつが「フードロス対策」です。

現在、世界中の食べ物は年間で13億トンが毎日捨てられています。日本での食品ロスの量は年間600万トン。毎日、国民1人当たり茶碗1杯分を捨てている計算となります。

これらの食品ロスを減らすことを目的としたポイントサービスがドコモのecobuy(エコバイ)です。アプリをダウンロードし、対象店舗の対象商品(賞味・消費期限の短い商品)を購入。対象商品はシールなどで分かるようになっています。レシートの写真をアップロードするとecobuyポイントを獲得できます。

ecobuyポイントはdポイントやPontaポイント、nanacoポイントなどに交換して利用できます。

現時点では神奈川県の「じばさんず」、愛媛県の「さいさいきて屋」が対象ですが、JA香川県の4店舗、くすりのレデイの3店舗でも実証実験を開始するなど、今後参加店舗も増えていきそうです。

なお、ドコモが提供しているサービスですが、ドコモ以外のキャリア利用者であってもdアカウントを作成すれば利用することができます。

昨年から本格提供しているのがセブン-イレブンのエシカルプロジェクト。消費期限が近い商品に「この商品をnanacoで買うと nanacoポイント5%付与」のシールが付いており、nanacoで購入すると100円(税抜)に対して5%分のnanacoポイントが貯まります。

消費期限の近い商品のため、お昼の場合は13時過ぎに行くと、シールが付いている商品を見つけることができます。5%ですからザクザクポイントが貯まります。

ただし、「nanacoで買うと」と書いているとおり、nanacoのみが対象となっており、それ以外のキャッシュレス決済は対象外。例えば、セブンカード・プラスの場合、一体型のnanacoで支払うと対象ですが、クレジット払いは対象外です。セブン-イレブンアプリのPayPayも対象外。

Apple Payでnanacoの利用が可能となっていますので、iPhone利用者はApple Payのnanacoを利用しましょう。

「最大97%OFFでお得にお買い物」

賞味期限間近や規格外などの商品をお得に販売しているのが「KURADASHI」です。

「最大97%OFFでお得にお買い物」できる人気のショッピングサイトです。

年会費が実質無料のクレジットカード「KURADASHIカード」をKURADASHIで利用すると3%還元、それ以外の買い物で利用すると1%分のポイントを獲得でき、ポイントはKURADASHIクーポンに交換可能。次の買い物がさらにお得になります。

KURADASHIカードでは、利用額の0.3%がクラダシ基金に自動的に寄付され、地方創生活動やフードバンク支援に活用されます。

ポイ活だけでなくエコ活もでき、今後も様々な問題解決のためにポイントが使われていくでしょう。

(※)野村総合研究所「共通ポイント社会の未来像」(2016年10月発表)

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。

関連リンク

  • 11/17 18:54
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます