2大会ぶりW杯出場に貢献…オランダ代表FWデパイ「チームを誇りに思う」

拡大画像を見る

 オランダ代表FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)が、ノルウェー代表戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 オランダ代表は13日に行われたFIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループG第9節のモンテネグロ代表戦で2点のリードを追いつかれ、2-2で引き分けた。首位をキープしたものの、3カ国に首位突破の可能性が残った状態で迎えた16日の最終節。3位ノルウェーとの直接対決は、84分にステーフェン・ベルフワインのゴールで先制すると、90分にはデパイが追加点を挙げ、2-0で勝利を収めた。

 2大会ぶりのW杯本大会出場が決定した試合後、デパイは「自分たちのチームを誇りに思っている」と喜びを語った。

「モンテネグロ戦の結果は今週もまだ頭の中にあった。それでも、僕たちは良い議論をかわして、すべての選手が今日の試合の準備ができていると感じていた。僕たちの方が優れたチームだった。やるべきことを僕たちはした。もちろん、もっと得点を決めるべきだったが、モンテネグロ戦では欠けていた決断力を見せることができた」

関連リンク

  • 11/17 15:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます