ハクバ、 レンズを結露や曇りから守る「Haidaアンチフォグベルト」発売

拡大画像を見る

 ハクバ写真産業は、革新的なハイエンドフィルターブランド「Haida(ハイダ)」より、レンズに巻いて暖めることで結露やカビを防止するレンズヒーター「Haidaアンチフォグベルト」を発売した。

 アンチフォグベルトは、星空や夜景の撮影や寒冷地・温度の高い地域での撮影で、レンズを結露や曇り、カビなどから守るためのヒーター内蔵ベルト。レンズに巻き付けたベルトの加熱部がカメラのレンズや望遠鏡のレンズをしっかりと暖めて結露を防止し、クリアな撮影を可能にする。
 ベルトは、ベルクロテープで誰でも簡単に巻き付けることが可能。最大直径が約110mmまでのレンズに対応している。幅は5cmと狭幅なため、ズームリングやピントリングに影響を与えにくい。
 熱源は、長時間の撮影にも対応可能なUSB電源を採用。レンズに巻きつけ、モバイルバッテリに接続するだけでレンズを加熱し結露を取り除く。外気温に合わせて3段階で温度の調節が可能。なお、モバイルバッテリは別売り。
 長さ約40cm(加熱部分27cm)×幅5cm、重さは約67g、ケーブルの長さ150cm、携帯用のポーチが付属する。価格はオープン。ハクバオンラインストアでの価格は2990円。

関連リンク

  • 11/17 11:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます