高梨沙羅、“バスト接写”の「大人の膨らみ」に飛び交った興奮と妄想の声!

拡大画像を見る

 11月15日、ノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅が自身のインスタグラムを更新。そのショットにファンから興奮の声があがっている。

 高梨は11月末からのW杯開幕戦へ向けすでに欧州で調整中だが、その合間を縫ってスキーウェア姿を披露。これが大絶賛を浴びているのだ。

「高梨は鮮やかなオレンジのフード付きジャケットとズボンを身に着けた4カットを公開しており、これが実に似合っていると評判なんです。特に4カット目、スッポリとフードをかぶった笑顔の写真には、フォロワーから《可愛い!》との声が殺到していますね」(ネットウオッチャー)

 加えて、男性ファンの視線を集めたのが、上半身アップの写真だ。

「ズボンは肩で吊った胸のちょうど下あたりまで覆うタイプのデザインなのですが、その写真ではウエアの間を開け、ズボンともにスポンサーのロゴが入ったグレーのインナーをアップさせた写真を載せているんです。つまり見ようによってはズボンによってせりあがった“バスト接写”で、そこまで強調はされていないものの、ふっくらと盛り上がった胸のラインを確認することができます。これが吊りの部分を見せたかったのかスポンサーロゴを見せたかったのかはわかりませんが、《バスト部分ドアップがタマらん!》などとファンを喜ばせた様子。彼女は昨年9月にピタピタのタンクトップ姿でバストラインを見せており、その時の写真と見比べていろいろと妄想を働かせた人も多いようです」(エンタメ誌ライター)

 美人化に加えボディもどんどん魅力的になる高梨。北京五輪の活躍に期待である。

関連リンク

  • 11/17 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます