【マイルCS「見逃せない調教師」ベスト3】阪神芝1600mで複勝回収率133%を誇る美浦の伯楽とは?

拡大画像を見る

 マイルチャンピオンシップに管理馬を登録している16人の調教師のうち、2016年以降の阪神芝1600mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出(最少レース機会数15)。マイルチャンピオンシップで、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は池添学調教師。集計期間内に阪神芝1600mで13勝を挙げ、複勝回収率109%とベタ買いでもプラスになっている。特に近年、成績が目に見えて向上しており、2019年以降に絞ると[10-6-4-27]。複勝率42.6%、複勝回収率138%と好走率、回収率とも申し分ない数字だ。16年朝日杯フューチュリティSのボンセルヴィーソ(12番人気3着)、19年朝日杯フューチュリティSグランレイ(14番人気3着)とGIの舞台で波乱を演出しているのも魅力。
 
 今年はカテドラルが出走を予定している。今年に入って5戦1勝2着3回と本格化した印象。確実に追い込んでくる末脚が武器で、中山芝[1-1-0-1]、阪神芝[1-1-0-1]と急坂も苦にしない。

 2位は中内田充正調教師。集計期間内に阪神芝1600mで19勝、複勝率45.6%という素晴らしい実績を残している。先週行われたデイリー杯2歳Sをセリフォスで制したのは記憶に新しいところだろう。ただし、デイリー杯2歳Sの際にも触れた通り、複勝回収率は74%止まりと馬券妙味は今ひとつ。1〜2番人気時に限定すると複勝率77.8%、複勝回収率99%まで跳ね上がるので、上位人気時に狙い撃ちたい。
 
 今年はグレナディアガーズが出走予定。阪神芝1600mで行われた朝日杯フューチュリティSでレコード勝ちを収めており、ここは願ってもない舞台だ。上位人気に支持されるようなら好勝負必至だろう。

 第1位に輝いたのは藤沢和雄調教師。美浦所属ながら集計期間内に阪神芝1600mで8勝し、複勝率は59.4%を記録。しかも過剰人気傾向の強いブランド厩舎でありながら、複勝回収率133%とベタ買いで大幅プラスとなっている。関西遠征ということで、多少なりとも過剰人気傾向が薄れているのかもしれない。
 
 今年は連覇を目指すグランアレグリアが出走予定。昨年のマイルチャンピオンシップだけでなく桜花賞も制しており、この馬も阪神芝1600mは得意。厩舎のコース実績からも大崩れは考えにくく、素直に軸として信頼したい。

関連リンク

  • 11/16 20:03
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます