渋谷凪咲「楽屋帰ってメチャクチャ泣いた」有吉弘行との初共演で大失敗

拡大画像を見る

 NMB48の渋谷凪咲が15日放送の『霜降りミキXIT』(TBS系/毎週月曜23時55分)にゲスト出演し、「墓場まで持っていきたい」というお笑い芸人・有吉弘行と初共演した際の失敗談を語った。

 渋谷は霜降り明星らレギュラーメンバーとトークを繰り広げる中、「今までめちゃくちゃへこんだ仕事はありますか?」と質問。渋谷自身は「墓場まで持っていきたいぐらい」という有吉と初出演した際のエピソードを披露した。

 有吉は優しさから楽屋あいさつを断っているというが、渋谷自身はあいさつをしないと失礼ではないか、という不安を抱えたまま収録に臨んだそう。オープニングトークで渋谷が自身のエピソードトークを披露することになったが、不安もあってかフワフワしていつもどおりにはしゃべられず、その場がシーンとなってしまったという。

 周囲の共演者のアシストで話をつなげてもらい、再度「渋谷ちゃんはどう?」と振ってもらったというが、最初の失敗で頭が真っ白になり話が聞こえておらず、その返事も思うようにできなかった。

 そのまま番組はVTRに進んだが、その2度の失敗のショックは大きく、渋谷は「目え開いてるはずなのに何にも見えてない。音も聞こえてなくてずっと耳鳴りするし」と当時を振り返り、「終わって楽屋帰ってメチャクチャ泣いた」と明かした。

 帰宅してもシャワーを浴びながらぼう然としていたという渋谷。レギュラーメンバーからはお笑い芸人顔負けのへこみように「芸人じゃん!」「芸人と一緒や!」と、声が上がっていた。

関連リンク

  • 11/16 11:43
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます