妊活していると言いながら、ピルを飲み続ける33歳女。夫に言えない、驚愕の真相とは

どんなに手を伸ばしても、絶対に届かない相手を想う。

でも、その距離感さえ愛おしく感じる。

彼女たちが抱く想いは、憧れか、依存か、それとも本物の愛か?

結ばれることのない相手に人生を捧げる、女たちの心情を紐解いていく。

これは、「推し」がいる女たちのストーリー。

◆これまでのあらすじ

結婚6年目の夫と、冷めきった夫婦生活を送る、広告代理店勤務の奈津子(33)。ある日、仕事がきっかけで「ライブ配信アプリ」を覗くことになる。そこで見つけた20歳の大学生・流太くんに一目惚れをし、彼にハマっていくが…。

▶前回:世帯年収2,500万・豊洲在住のDINKS妻。ある日、結ばれることのない年下男に恋をして…

『結婚6年目・DINKS妻の恋』奈津子(33)【後編】


私は早々に仕事を終わらせ、夫の分の夕食を作り置き、シャワーを浴びて、あとはもう寝るだけという格好で自室にこもる。

今日は、私がハマりにハマっている配信者の“流太くん”から、何やら重大発表があるらしい。

― きっと、いい報告だよね。楽しみ…!

お気に入りのティファニーのティーカップに白桃紅茶を注ぎ、立てかけたiPadの前で待機する。

そして21時ぴったりに上がった『流太が配信を始めました』という通知を素早くタップし、彼のルームに入室した。

『みんなお疲れさま。今日も来てくれてありがとう。あ、ナツさんは、今日も一番乗りだね』

私はここ最近、どんなに忙しくても彼の配信には一番に入室している。こうして彼に、最初に名前を呼んでほしいから。

『お知らせは……もうちょっと人が集まってからにしようかな。じゃあ、とりあえず1曲目、聴いてください』

流太くんがアコースティックギターを鳴らす。見るからに狭そうな部屋をバックに、切ない歌声を響かせる彼。

男子大学生らしく少し散らかった部屋だが、そこには書きかけの歌詞や、楽譜、好きなバンドのCDなど、たくさんの夢が転がっている。

私が大学の頃に憧れていた、軽音部の先輩も、きっとこんな部屋に住んでいたのだろう。

流太くんは、顔も、話し方も、雰囲気も、本当に先輩によく似ている。だからこそ、こんなにも惹かれてしまうのかもしれない。

― 狭いけど、素敵な部屋。すごく羨ましいな……。

無意識に、今の自分の環境と照らし合わせて、ハッとする。

私は豊洲にある2LDKのタワーマンションに夫と2人暮らし。

ミニマリストな夫に合わせ、部屋にあまり無駄なものを置いていないせいか、だだっ広いだけの、つまらないリビング。

リモートワーク用に最適化された、オフィスのような自室。

ここには、夢も、憧れも、温もりもない。

なんだか虚しい気持ちになり、少し冷めた紅茶を一気に飲み干した。

生活の虚しさを忘れるため、配信者の流太にのめりこんでいく奈津子だったが…

『……はい、というわけで1曲目をお聴きいただきました。みんなギフトとかコメントありがとう。結構人が集まってきたので、そろそろ“重大発表”をしたいと思います』

iPadの前で膝を抱え、流太くんの発表を待つ。こんなにワクワクする気持ちになったのは、いつぶりだろうか。

流太くんはいつになく真面目そうな顔で、「えーっとですね」と話し始めた。

『この度、“ガチイベ”に参加することになりました。これで1位を取ると、地上波の歌番組に出演できます。これには、皆さんの応援が必要不可欠です。よろしくお願いいたします!』

― ガ、ガチイベ……?

手元のスマホで、すぐに意味を調べる。

どうやら、配信者自身が本気で頑張りたい、大きな特典が付いたランキングバトルへの参加を指すようだ。

つまり、リスナー側は流太くんに精一杯課金し、彼を1位に押し上げなくてはならない。

すでに結構な額を、彼の配信につぎ込んでしまっているが、これは流太くんのすばらしさを、世の中の人に知ってもらうチャンスだ。

それに、彼の1位獲得に大きく貢献できたら、私が流太くんの一番のファンであることを他のリスナーに示すことができる。

― 頑張らなきゃ……!

私は「たくさん応援するね!」とコメントを打ち、胸の前で拳を握った。


審査期間は2週間。

流太くんはその間バイトを休み、なるべく多く配信できるように時間を作るという。

私も極力すべての配信に参加できるように、スケジュールを調整する。ミーティングやアポに被っている時間帯も多々あったが、幸いにもすべてリモートだったので消音状態で流しっぱなしにすることにした。

そして、流太くんの重大発表から5日後、ついにバトルがスタートする。

今まで全くギフトを投げていなかったリスナーも、今回ばかりは課金を頑張っているようだった。

配信のたびに、5,000円~1万円ほどの高額なギフトがポンポンと飛び交う。普段なら1,000円くらいのギフトでも十分目立てるが、ガチイベともなるとそうではないようだ。

― イベント参加のために、余力を残してたってわけね…侮れないわ。

もちろん私も負けじと、いつもよりたくさんのギフトを贈って応援する。

昨日の配信では、1回で5万円ほど投入してしまった。後半にいくにつれて、金額は右肩上がりになっていく。

そのたびに流太くんは「ナツさん、ありがとう!」「そんなにたくさん、本当に嬉しい」「すごく嬉しいけど、無理しないでね?」など優しい言葉をかけてくれた。

憧れの先輩とは、大学時代ロクに会話もできなかったのに。流太くんは、ただ課金をするだけで、こんなにも私に感謝してくれる。

― もう、流太くん、好き……!

私が喜びに浸っていた、そのとき。突然自室のドアをノックする音が響いた。

「おーい、奈津子。醤油切れてるんだけど」

ドア越しに聞こえた夫の声で、現実に引き戻されて、げんなりした。私は「ごめん、あと30分くらいしたら買いに行く」と答え、深くため息をつく。

― 醤油くらい自分で買ってきてよ。このマンションの1階にスーパーあるんだから……。

しかし、切れた調味料や日用品の買い出し係は私と決まっている。これは夫婦間のルールだから仕方ない。

イラッとした気持ちを、画面の向こうの流太くんに“課金”という形でぶつけた。彼は喜んでくれるし、私はなんだかスカッとした気持ちになれる。

これが、後輩の言っていた「Win-Win」というやつなのかもしれない。

― 流太くんを絶対に1位にしてみせる……私の力で。

ひたすらに課金をし続ける奈津子。その先に待っていたものとは…!?

2週間後。

なんと、流太くんは接戦の末、ランキングバトルに負けてしまった。最終日前日までは、2位と大差をつけてずっと1位をキープしていたのに。

― まさかラスト3分で、2位だった子に50万円課金するファンが現れるとは……。残り3分弱で、40万円以上巻き返せるわけないじゃない。一体何の仕事してる人なのよ!

私だって年収は1,000万以上あり、それなりに高所得だ。それでもさすがに、ポンっと50万を出せるほどの余裕はない。

自分のせいで流太くんが負けた気がして、つらい気持ちになった。

流太くんはバトル後の配信でしきりに「結果は残念だったけど、みんなの応援が本当に嬉しかったです。ありがとう」とリスナーへお礼の言葉を口にしていた。

そんな健気な彼の姿を見て、次こそは彼を1位にしてあげなきゃと、心に固く誓った。



「……なにこれ」

スマホに『クレジットカードの請求金額が確定しました』という通知が入り、ふとアプリを起動した瞬間。そこに記載されていた額に、私は目を見開いた。

流太くんへの課金で、私は先月だけで20万円、そして今月はガチイベがあったせいで、50万円ほどの金額をつぎ込んでいたのだ。

よく、推し活をする女性たちが使う“沼”という言葉を頭に浮かべる。

私は、流太くんという沼にズブズブとハマり、自分の月収分ほどのお金を溶かしてしまったのだった。

同時に、こんなにお金をかけても、彼を1位にできなかったことにも絶望した。

― 今よりさらに、頑張らなきゃいけないんだ……。

スマホの画面を、穴が開くほど睨みつける。

今の生活を維持しながらも、流太くんには課金を続けたい。

さすがに普段の配信では課金を控えるとしても、今後またガチイベがあったときは、私も軽く50万を投げられるようなファンでありたい。そのためには、今よりお金が必要だ。

考えられる方法は、ひとつ。

私は意を決して、夫に『今夜、少し時間ある?』とLINEを送った。


仕事を終えた後、夫の好きなシャトーブリアンのステーキに、バターをたっぷり使って炒めたガーリックライス、グレープフルーツとホタテのカルパッチョ、じっくり煮込んだオニオンスープと、当たり年のカロン・セギュールを用意する。

普段は大皿料理で簡単に済ませてしまうので、今日はかなり手をかけたメニューだ。

「え、なんかすごい気合入ってる。うまそう」

夫がテーブルにつき、豪勢な料理を見て微笑む。こうして一緒に食卓を囲むのは何ヶ月ぶりだろうか。

ワインで乾杯してから、食事をスタートした。

ちゃんと会話をするのは久々だからか、いつもより話も弾んだ。食事とお酒が進み、話が途切れたタイミングで、私はついに本題を切り出す。

「あのね、これからのこと、色々考えてたんだけど……」

突然かしこまって話を始めると、夫が身体をこわばらせるのがわかった。

それもそのはず。6年間夫婦生活を送っていて、こんなふうに私から真剣な話を切り出すのは、初めてだった。

私自身、すごく緊張している。でも、これは伝えなくてはいけない。

流太くんと、私とのために。

金銭問題で窮地に追い込まれた奈津子が、夫に切り出した驚きの話とは…?

「お願いがあるんだけど…。私が、月々負担している生活費の額を減らしてもらえない?その分、私の家事担当をもっと増やすから」

私はテーブルの下で汗ばんだ手を握りしめ、話を続ける。

「ほら、私たち結婚してから6年も経つじゃない?そろそろ子どもとか考えてもいいのかなーって。だから私、ちゃんと妊活するために、クリニックに通いたいと思ってるの。そのための費用と時間を捻出したくて。

仕事量は調整してもらえるように、上長に掛け合ってみようかなって思ってるんだけど、お金の方は…」

自分の口から次々に“ウソ”が出てくる。

本当は子どもなんて作る気はないし、仕事を減らす気もない。

でも、とりあえず私が負担する生活費を減らすことで、当分の間は浮いた分のお金を、流太くんに課金するための貯金に回すことができる。

ごまかしごまかしになるので、長くはもたない作戦かもしれない。

でも、とりあえずピルを飲み続ければ妊娠もしないし、「なかなか上長が認めてくれなくて」と話せば、仕事が忙しくてクリニックに通う暇がないと言い訳して、妊活話は先延ばしにできるだろう。

私の話を聞いた夫は「なんだそんなことか」とホッとした様子だった。

「子どものことは、もっとゆっくり考えてもいいと思ってたんだけど、奈津子がそう言うなら、俺のほうでもちゃんと検討するよ。お金のことは心配しないで」

― いや、私もう33歳なんだけど……ゆっくり考えてる場合じゃないでしょ、普通。

夫の能天気さに内心あきれつつも、彼が自分のウソを信じてくれたことに安堵した。

「最近、奈津子の機嫌がすごくいいと思ってたんだよね。そうか、子どものことを考えてたんだね」

私の機嫌が良かったのは、流太くんに癒されていたからだろう。

子どもができることを、純粋に期待している夫に胸が痛むが、もう引き返すことはできなかった。




あの話し合いから1ヶ月。私はほぼすべての家事を担当するようになり、その分夫は月々の生活費をほとんど出してくれるようになった。

家事は元々得意なほうなので、夫が下手に手を出していた頃よりも部屋は綺麗に保たれているし、料理も私が作るほうがずっと美味しい。

夫は家事をやらない分心の余裕ができたのか、私に対し少しずつ気を使ってくれるようになった。仕事は引き続き忙しいため以前よりもバタバタしているが、確実にQOLは上がっている。

そして私たちは先日、1年以上ぶりに関係を持った。“子どもを作る”という目的ができたから。

今までの冷めきった夫婦関係と比べると、かなり順風満帆だ。今の私たちは、誰が見ても“幸せそうな夫婦”に違いない。

でも……。

『今日は新曲を披露したいと思います。…あ、ナツさん。ギフトありがとう!今日もお仕事、お疲れさま』

画面越しに手を振る流太くん。この瞬間、私は彼を独り占めしているのだ。

『今日もカッコいいよ』とコメントを送ると、照れたように笑って頭をかく彼。

私はこの笑顔を拝むために、明日も明後日も、私の嘘の上に成り立っている夫婦関係を続けていく。

― この時間が、永遠に続けばいいのに……。

イヤホンから流れてくる歌声が、心と身体を溶かしていく。

流太くんと、そして手の届かなかった大学時代の先輩の姿を思いながら、私はそっと目を閉じた。


▶前回:夫と2年レスの女。13歳下の少年にときめいてしまい、とんでもない事態に…

▶Next:11月23日 火曜更新予定
ゲームの中の男性に恋する美女が、本気で婚活を頑張ってみた結果…

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/16 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます