見えすぎ?「“女子高生のスカートの中”視点」のテレ東ドラマにネット騒然!

拡大画像を見る

 11月10日から、深夜ドラマ「JKからやり直すシルバープラン」(テレビ東京系)がスタートした。同ドラマは、中年ホームレスが女子高生時代にタイムリープする話だという。

「『JK〜』は、大金持ちの家に生まれワガママ放題だった女性主人公が、バブル崩壊を経て、47歳でホームレスにまで転落。その後、ホームレス狩りに遭うと、なぜか1990年の高校生時代にタイムリープし、そこから人生をやり直していくという物語です」(テレビ誌記者)

 そんな「JK〜」で主演を務めているのは、ファッション誌「non-no」の専属モデルとしても活躍する鈴木ゆうかである。彼女は同ドラマにて、学校の制服姿を披露しているのだが、下半身を映す際の独特なカメラワークが、ネットを騒然とさせているという。

「鈴木は今回、丈の短いスカートを穿いて高校生役を熱演しているのですが、その劇中、なぜか走るシーンのたびに彼女のスカートの中へと画面が切り替わり、“股視点”から見下ろすカメラワークとなるのです。そのため、鈴木のナマの美脚など、下半身が“モロ見え”の状態に。この演出は何か意味があるのかもしれませんが、第1話の時点で理由が全く説明されておらず、視聴者から『なんでソコ目線なんだ!?』『カメラワークが艶すぎて最後まで見てしまった…』『最高の視点だが、ゴールデンで放送したら炎上しそう』などと驚きの声が相次ぎました」(テレビ誌記者)

 ファッションモデルなだけに素晴らしい美脚の持ち主である鈴木。今後も同じ演出が続けば、男性視聴者をクギ付けにしていきそうだ。

関連リンク

  • 11/15 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます