鉄道テロで死なないための列車内の正しい「脱出&避難法」

拡大画像を見る

 10月31日、ハロウィンの夜に、京王線上り特急電車内で起きた無差別刺傷放火事件。服部恭太容疑者(24)は、隣に座っていた72歳の男性を刃物で刺したうえ、ライター用オイルを床に撒いて火災を起こし、17人に重軽傷を負わせた。

「犯行時、服部容疑者は映画『バットマン』で犯罪に耽るジョーカー役を模した、異様ないでたちでした。取り調べでは“人を殺して死刑になりたかった”と話しています。一時、意識不明だった72歳の男性は幸い命を取り留めましたが、あまりに身勝手な犯行理由に誰もが震撼しました。11月8日には、九州新幹線の車内で放火未遂事件が発生。69歳の容疑者は、警察の調べに“京王線の事件を真似た”と供述しており、事件の余波が広がっています」(全国紙社会部記者)

 もはや、鉄道テロが日常的に起きる国になりつつある見本。列車で凶行に巻き込まれた際、「死なない」ための7か条を探った。まずは、どの車両に乗車するか、注意したい。

「京王線では10両編成の3号車、九州新幹線でも8両編成の3号車と、中間車で事件が発生。ワンマン運転以外の通勤電車は、列車の前後に乗務員がいるので、その近くではテロを起こしにくい心理が働きます。つまり、端っこが比較的安全ですね」(警察関係者)

 とはいえ、慌てて飛び乗ったら車両を選ぶのは至難の業。そこで、電車に乗ったら、安全設備を確認することを常としてほしい。

「乗務員と連絡できる『非常通報装置』はドアのすぐ脇、手動でドアを開け閉めできる『ドアコック』は車両中央の座席の下についていることが多いです。消火器はたいてい、車端
の連結部近くにあります」(防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏=以下同)

 非常時に役立つ、これらの安全設備だが、優先すべき順序がある。

「まずは、非常通報装置のボタンを押してください」

 京王線の事件では、乗客が操作した非常通報装置に車掌が応答しても、乗客から反応がなかったという。この続きは11月15日発売の『週刊大衆』11月29日・12月6日号で。これを読んで、身に迫る鉄道テロの危険に備えよう。

関連リンク

  • 11/14 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • ***

    11/17 8:41

    そうです殺害すべきです。日本は法律に従っていたらこう言う生きていても仕方無い人間のグズを殺害できないからな。例え死刑になってもなかなか殺害しないからな!確定したら一定期間内に殺害する事が法令できめられているのにな!そしてその法令違反についてはマスコミは全く追求しないしな。だから殺害できるチャンスは有効にしないとな、電車内は密室なんでね、乗客がグルになれば人間のクズを殺害できるやろ\(^-^)/

  • トリトン

    11/16 14:06

    いいかもね皆なぶり殺しにして死ぬ寸前ま殺しても良いかもね。これから殺しても法律作良いかも。後は親に殺人生物兵器使ったつみてた罪で逮捕やなどうせ糞おやだからな。

  • ***

    11/16 13:37

    自分が殺られる前に相手を殺害するべき、多くの乗客と連携して殺害するべき

記事の無断転載を禁じます