28年ぶり、四冠の誕生 藤井聡太、史上初の最年少で四冠目

拡大画像を見る

2021年11月13日、将棋の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖)が、第34期竜王戦七番勝負の第4局で豊島将之竜王を下し、竜王奪取に成功しました。

4つのタイトルを同時に保持する四冠の誕生は28年ぶり。

また、19歳3か月での達成は史上最年少となり、羽生善治九段が1993年7月に記録した22歳9か月を大幅に更新しました。

今回の偉業達成に、将棋ファンのみならず日本中から歓声が上がっています。

・どこまでいくのやら…!すごい!

・令和の天才棋士。映画化待ったなし。

・見ているだけで、ワクワクする。

将棋界の若きエースの快進撃は、これからも続いていくのでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 産経新聞

関連リンク

  • 11/13 19:56
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます