孫の進路を聞いた祖父 目を見開いた後の『行動力』がすごい

拡大画像を見る

夢を叶えるまでの道のりは、多くの場合、険しいものです。

本人が努力しても、経済面や周囲の理解、タイミングなどに左右されることもあるでしょう。

漫画家の浅山わかび(@wakabi44)さんは、進路に迷う青年が登場する創作漫画をTwitterに投稿。

祖父の遺品から自分宛ての品が出てきたことに驚いた青年が、プレゼントの経緯を探っていくと…。

青年の話に触発され、自分の夢を思い出した祖父。

念願の鍛冶に挑戦することができて、きっと悔いのない人生だったでしょう。

包丁の経緯を知った青年は、祖父の『行動する勇気』に背中を押され、自身も夢を追うことにしたのでした。

ストーリーに心動かされた人たちからは、「尊敬に値するおじいさん」「感動ものかと思ったら、別方向のかっこよさだった」などのコメントが寄せられています。

長い人生の中で、途中で夢とは別の道へ行くことを余儀なくされることはあるもの。

それでも自分のために、挑戦したかったことはあきらめず、やり切りたいものですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @wakabi44

関連リンク

  • 11/13 16:06
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます