テイラー・スウィフト、新アルバムの中で11年前に別れた元カレとの破局理由を暴露

拡大画像を見る

11月12日にテイラー・スウィフト(31)が新しいアルバム『Red(Taylor’s Version)』をリリースした。アルバム『Red』はもともとテイラーが2012年に発表したものだが、昨年レコード会社を経営するスクーター・ブラウン氏がテイラーの過去のマスター音源やビデオなどの権利の100%を投資会社「シャムロック・ホールディングス」に売却していた。

テイラーはこの権利の売却について何も知らされておらず、自身で買い取ることもできなかったと強くスクーター氏を非難するとともに、買収されてしまった音楽を再レコーディングすることを宣言していた。

今回リリースされた『Red(Taylor’s Version)』はアルバム『Fearless(Taylor’s Version)』に続きテイラーが再レコーディングした2枚目のアルバムで、日本でも大流行した『We Are Never Ever Getting Back Together(私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)』などが収録されている。

『Red』がリリースされた当時から、歌詞が2010年に3か月ほど交際していた俳優のジェイク・ギレンホール(40)だと噂されていた『All Too Well』も同アルバムに収録されており、ファンから注目を集めている。

この曲も再レコーディングされ2012年にリリースされたオリジナル曲に新しく歌詞が追加・編集され、10分を超える大作となっているのだが、今回新しく追加された歌詞の中に今まで明かされていなかったジェイクとの破局理由がはっきりと書かれているのだ。

「あなたはもっと年が近かったら上手くいったかもしれないって言った。それを聞いて死にたくなったわ。」

「私は年をとっていくけどあなたの彼女の年齢は変わらないわね。」

9歳差で交際していたジェイクとテイラーの破局の原因となったのは年齢差だったようだ。しかし年の差を理由に別れたジェイクだが、現在交際中のモデルは25歳とさらに年の離れたカップルであることを皮肉たっぷりに歌っている。

ファン達は再レコーディングされたアルバムに喜びの声をあげているが、この曲に対して次のような意見も届いていた。

「これが全部本当ならジェイクって最低。」
「ふられたテイラーも可哀想だけど、交際から11年経ってもディスられるジェイクも可哀想。」
「こんな長い間文句言われたら『付き合う相手間違えた』ってジェイクは思ってるだろうな(笑)」

さらに『All Too Well』のショートフィルムがYouTubeで公開されたばかりとあって、こちらにも注目が集まっているようだ。

画像は『Taylor Swift 2021年11月12日付Instagram「Just a friendly reminder that I would never have thought it was possible to go back and remake my previous work,」』『Jake Gyllenhaal 2021年10月10日付Instagram「Out on the open ocean this weekend.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)

関連リンク

  • 11/13 15:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます