「友達の彼氏」に恋したときの捨て身の略奪作戦9パターン

恋は突然落ちるものなので「好きになったら友達の彼氏だった…」ということもあり得ます。「友達の彼氏でも諦められない!」と、友情よりも恋を優先するなら、どんな作戦が有効でしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性116名に聞いたアンケートを参考に「『友達の彼氏』に恋したときの捨て身の略奪作戦」をご紹介します。

【1】「好きな人がいるんだけど」と意味深に相談を持ち掛ける
「恋愛相談から仲良くなる作戦!」(20代女性)というように、好意を抱いている相手に恋の悩みを打ち明け、「もしかしてオレのこと…?」と意識させるやり方です。鈍感な男性だと、自分のことだと気付いてもらえず、話が変な方向に進んでしまいそうなので、相手のタイプを見極めたほうがいいでしょう。

【2】カップルの喧嘩中に彼氏側の味方につく
「誰だって、自分に共感してくれる子に好感を持つはずですよね」(10代女性)というように、友人カップルが険悪なムードになっているところを狙って、自分の好感度を一気に上げる方法です。彼女だけでなくまわりの女友達も敵にする可能性大なので、そこまでする必要のある相手なのか慎重に考えましょう。

【3】「内緒ね」と好意を匂わせて連絡を取る
「浮気気分にさせる小悪魔作戦です(笑)」(20代女性)というように、わざと好意をほのめかしてからメッセージのやり取りをすると、男性の動揺を誘うことができそうです。ただし、潔癖な男性にはドン引きされるおそれもあるので気を付けましょう。

【4】お酒の力を借りて一気に距離を縮める
「自分自身、勢いがないと大それたことはできない」(20代女性)というように、一緒にお酒を飲んで、その場の雰囲気でグッと心の距離を詰める方法です。酔いに任せればいつもより大胆になれるはずなので、恋に消極的な人ほど試してみてはいかがでしょうか。

【5】彼女である女友達を合コンに誘ってイケメンを紹介する
「彼女の心が離れれば、別れるのも時間の問題…!」(20代女性)というように、二人を破局に導く計画を練るしたたかな女性もいます。ただし、あまりしつこく誘うと「裏がある?」と勘繰られてしまうので、本音を悟られないよう気をつけましょう。

【6】体調を崩したときに看病を買って出る
「弱っているときこそ攻めどき!」(20代女性)というように、体調不良など相手の体や心が弱ったタイミングで一気に株を上げる作戦です。倦怠期などで、彼女がお見舞いにも来ない状況なら、相手の心をわしづかみにすることができるでしょう。

【7】偶然を装って「運命」を演出する
「運命なら『仕方がない』と納得すると思う」(20代女性)というように、モラルや思いやりから新しい恋に踏み切れそうにない男性には、「運命」をお膳立てする必要があるかもしれません。偶然カフェで会う、同じ本を読んでいる、同じ映画が好きなど、リサーチ次第で「運命っぽい状況」が作れるでしょう。

【8】女の魅力を全開にしてセクシー攻撃をする
「強引だけど、一番響きそう(笑)」(20代女性)というように、彼女との交際が長ければ長いほど、「異性」を感じさせるアプローチが功を奏すかもしれません。ただし、恋愛経験の浅い男性には引かれる危険もあるので、相手をよく知ってから実践したほうが賢明でしょう。

【9】ストレートに「好き」と告白する
「正々堂々と勝負したいから」(20代女性)というように、あえて一切の駆け引きをしないことで、女友達にも誠実であろうとするケースです。ただし、引き際が肝心なので、断られたら未練がましく引きずるのはやめましょう。

小悪魔的に男性の心を翻弄したり、弱ったタイミングを狙ったり、女の武器を使ったり。捨て身になれば略奪のための方法はいくらでもあるようです。ただし、くれぐれも友達をなくすほどの価値がある男なのか、よく考えてから実行に移しましょう。(小倉志郎) 【調査概要】 期間:2015年6月2日から9日まで 対象:合計116名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/12 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます