BL漫画原作『ギヴン』地上波放送、鈴木仁 さなり 井之脇海 栁俊太郎 4人の恋愛や成長を描く

拡大画像を見る

キヅナツキ原作の大ヒットBL漫画をドラマ化した『ギヴン』をフジテレビで放送することが決定した。2021年11月22日(月)24時55分から放送開始し、以降毎週月曜深夜に1話ずつ放送される。




『ギヴン』は、4人のロックバンドのメンバーたちを中心に、彼らの恋愛や成長していく姿を繊細に描くキヅナツキ原作のBL漫画で、新書館の「シェリプラス」にて2013年ハル号から連載されている超人気作。2016年にはドラマCDが発売され、2019年7月~9月にフジテレビのノイタミナ枠では初のBLコミック原作のアニメ化として放送、さらに2020年8月にはアニメ映画化された。この不動の人気を誇る『ギヴン』をついにFODにて実写ドラマ化し、全6話を好評配信中。


キャストは鈴木仁が初の単独主演で、高校生ながら卓越したギターの腕前を持つ上ノ山立夏(うえのやま・りつか)を演じている。天才的な歌唱力の持ち主で、立夏らバンドメンバーと関わる中で、もがきながらも才能を開花していく佐藤真冬(さとう・まふゆ)を演じるのは、人気ラップアーティストのさなり。ドラム担当の大学生、バイオリンの他楽器は一通りできる秀才肌で、強面だがモテ男の梶秋彦(かじ・あきひこ)を井之脇海。バンドの最年長者であり、ベース担当でリーダーを務める中山春樹(なかやま・はるき)を栁俊太郎が演じている。


この4人がバンドメンバーとして限られた時間の中で練習を重ね、リアルに演奏しているライブシーンも見どころの一つ。彼らの恋愛や成長する姿を繊細に描く青春群像劇に、原作ファンもドラマで初めて見た人からも「キュンキュンする」「演奏シーンがカッコいい」など称賛の声が多く、今回の地上波放送が決定した。


【ストーリー】

プロ顔負けのギターの腕前を持つ高校生の上ノ山立夏(鈴木仁)は、大学生の梶秋彦(井之脇海)と大学院生の中山春樹(栁俊太郎)の3人でインストバンドを組んでいる。以前はあんなに音楽にのめりこんでいたのに、何もかもがくすんで見え始めていたある日、立夏が校内で誰にも邪魔されないいつもの場所へ向かうと、壊れたギターを抱えた佐藤真冬(さなり)に出会う。仕方なく弦を直してやると、真冬からギターの弾き方を教えてほしいと頼まれる。はじめは渋っていた立夏だが、真冬の透き通るような歌声を聞いて衝撃を受け、バンドに入らないか?と誘うが、真冬から断られてしまう。いつしか立夏は、真冬の存在が気になり始め・・・


■『ギヴン』(全6話)

2021年11月22日(月)24時55分~25時25分(関東ローカル)
以降、毎週月曜24時25分から放送
原作:キヅナツキ『ギヴン』(新書館「シェリプラス」連載中)
主題歌:Panorama Panama Town『Strange Days』(A-Sketch)
出演:鈴木仁、さなり、井之脇海、栁俊太郎、八木アリサ、奥野壮、小野寺晃良、稲葉友 ほか
演出・脚本:三木康一郎

 ©︎キヅナツキ・新書館 /フジテレビジョン

関連リンク

  • 11/12 11:11
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます