「パンダバンブーリング」ワークショップが白良荘グランドホテルにて11月20日開催


竹で指輪をつくり、ジャイアントパンダが食べ残した竹をデコレーションし完成させる「パンダバンブーリング」のワークショップが、白良荘グランドホテルとの共同で11月20日(土)に開催される。

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは、パンダが食べ残した竹を有効利用し、社会課題解決に貢献するため「パンダバンブープロジェクト」という取り組みを行っている。その一環として開くという。

「パンダバンブーリング」ワークショップ

「パンダバンブーリング」は、職人が加工した京都産の竹を使用し、ジャイアントパンダが実際に食べ残した竹で作った竹ひごを差し込み、ワンポイントデコレーションして完成させる指輪。


ワークショップの会場となる白良荘グランドホテルでは、“地域の価値で、未来を変えていく。”をブランドステートメントに掲げ、今回ジャイアントパンダに触れ、社会課題を考える機会を創出したいという想いが一致し、イベントの開催に至った。

ワークショップの内容をチェック

ワークショップの講師は、竹垣、竹のイルミネーション、竹オブジェ、竹の二次元コードなどを制作している真下彰宏氏。

竹の文化・社会課題について説明が行われたのち、竹の産地である京都で60年、伝統的に建仁寺垣などを作り続ける工房の職人の手で作った竹ひごと、ジャイアントパンダたちが実際に食べ残した竹を竹ひご状に加工したものと京都産の竹を組み合わせ、オリジナルの指輪作りを体験する。食べ残した竹は強度が低いため、編み込むのは難しく、京銘竹で作る指輪に簡易的に差し込む形となる。

ワークショップ使用する竹ひごについては、ワークショップ会場にてパンダファミリー6頭から希望のパンダを選択できる。なお、数に限りがあるため、選択できない場合がある。

予約や問い合わせは、白良荘グランドホテルまで。パンダが食べ残した竹を有効利用し、社会課題解決に貢献できる「パンダバンブーリング」のワークショップに参加してみては。

■「パンダバンブーリング」ワークショップ
日時:11月20日(土)
①16:00~②17:30~③19:00~(計3回/各回60分間)
会場:白良荘グランドホテル 1階特別会場
料金:3,500円(材料費、講師費、税金・サービス料を含む)※1回の参加でリングの製作は1個まで
定員:10名/各回
対象:小学校4年生以上(9歳以上)
持ち物:不要
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町868
URL:https://shiraraso.co.jp/information/2082/

画像をもっと見る

  • 11/10 18:26
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます