世界最大!女子が主役のスケートボードコンテスト「エクスポージャー2021」にて藤井雪凛、草木ひなのが優勝!貝原あさひ、赤間凜音が2位!

拡大画像を見る

Instagram @exposureskateより

11月6日(現地時間)に発表された、世界最大の女子のスケートボードコンテスト、エクスポージャー(EXPOSURE)2021にて、藤井雪凛(ゆりん)(トランジション部門15〜29歳クラス)と草木ひなの(トランジション部門14歳以下クラス)が見事優勝。

さらに藤井と同じ部門でエントリーした貝原あさひが2位を受賞、ストリート部門14歳以下クラスでは赤間凜音(りず)が2位に輝いた。

藤井は昨年、トランジション部門14歳以下クラスでも優勝しており、2年連続の優勝を飾っている。

【エクスポージャー2年連続優勝・藤井雪凛】

トランジション部門15歳以上クラスで優勝した藤井は、まるでベニスビーチかのような、美しい鵠沼海浜公園スケートパークの映像と、持ち前の高いエアとの映像を組み合わせ、見事に自身の持つスケートボードのスキルと魅力を表現し優勝を獲得した。

映像毎に変わる洋服のセンスにも要チェック。

【14歳以下トランジションで優勝・草木ひなの】

AXISスケートボードパークとムラサキパークかさまにて撮影された映像では、楽しそうに滑る様子に加え、高いエアトリックとコースの縁を滑る、完成度の高いグラインドトリックなどを披露。

最後には見事なバックサイド540で締めくくった。

【エクスポージャーとは】

YouTube URL [https://youtu.be/L03xGH9P6ds]

昨年に続き、オンラインによる開催となった今大会だがエクスポージャーは毎年、世界中から170人以上の女性スケーターが集まるイベントで、その収益や寄付金は家庭内暴力に苦しむ女性たちのシェルターに寄付される。

今大会も、世界10か国以上から100人以上の女性、トランスジェンダー、ノンバイナリースケーターたちが参加した。

今年で10年目を迎えるエクスポージャーは、昨年に続きビデオパートの審査による、オンラインでの開催となり、受賞者は世界一有名なスケートボードマガジンである、スラッシャーマガジンのオンラインサイトで発表された。

バーチャルエクスポージャー(EXPOSURE)2021日本人の主な結果

【ベストビデオパート・ストリート14歳以下】
1位 Chloe Covell – オーストラリア・トゥイード ヘッズ

2位 赤間 凜音 – 宮城

3位 Mia Lovell – アメリカ・アリゾナ州フェニックス

【ベストビデオパート・トランジション14歳以下】
1位 草木 ひなの – 茨城

2位 Ruby Lilley – アメリカ・カリフォルニア州オーシャンサイド

3位 Lola Tambling – イングランド・コーンウォール

【ベストビデオパート・トランジション15歳〜29歳】
1位 藤井 雪凛 – 神奈川

2.位 貝原 あさひ – 大阪

3位 Shani Bru – フランス・ボルドー

【ストリート・ベストトリック】()は場所と技名

1位 Mia Lovell(ストリートスポット/8段ステアでのキックフリップ)

2位 赤間 凜音(スケートパーク/7段ステアでのフロントサイドビッグスピン)

3位 Mia Lovell(ストリートスポット/9段ステアでのフロントサイドボードスライド)

【トランジション・ベストトリック】()は場所と技名

1位 Ruby Trew(バート/フェイキー540)

2位 草木 ひなの(ボウル/メロン540)

3位 Jordan Santana(バート/マックツイスト)

全ての結果は以下、エクスポージャーのサイトから。

[https://www.exposureskate.org/exposure-x-full-results/]

各部門の優勝者の映像は以下、スラッシャーマガジンのサイトから。

[https://www.thrashermagazine.com/articles/videos/virtual-exposure-2021-video-winners/]

 

文 小嶋勝美 Twitter: @katsumikojima1

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

  • 11/8 11:35
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます