【万哲の馬場予報】土曜より差しやすい馬場になる可能性が高い

拡大画像を見る

【小田哲也(スポニチ)=コラム「万哲の馬場予報」】

■アルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)

 東京の芝コースは天皇賞ウイークの先週に続き、Bコース。見た目には正面直線の内寄りに傷みが出てきた。ただ雨の影響を受けた先週日曜の天皇賞当日は1着エフフォーリア、2着コントレイルが通った位置から差し優位の感じだったが、1週経過して、今週は晴天続き。土曜に限れば、極端な差し競馬にはなっていない印象。展開次第で内寄りを通る馬の粘りも利いた1日だった。

 土曜は、芝競走は6鞍。勝ち馬の最終4コーナーの位置は「2番手、5番手、3番手、2番手、4番手、2番手」。S〜Mペースのレースが多かった影響で、純粋な逃げ切り勝ちこそないものの、好位勢の活躍が目立った。その一方で後方からの差し馬が上位に入線するケースもあった。

 一応、参考までに土曜の2競走を取り上げる。9R・神奈川新聞杯(芝1400m)は2番手を進んだ2番人気バルトリが、逃げたセイドアモールと4コーナーではやや間隔を取った位置から伸びて快勝。対照的に2着アヴェラーレは最終4コーナー13番手とかなり厳しい位置から、外をグイグイ伸びて届いた。レース前半3F34秒3〜同後半3F35秒2。1番人気に支持されたアヴェラーレの底力もあるが、中団〜後方からでも差し届く気配は感じた。勝ち時計1分20秒8は極端に速くないが、まずまず時計は出ている。

 続く3歳以上3勝クラスの10RノベンバーS(芝1800m)はレース前半3F36秒0〜同後半3F34秒2のスロー。4コーナー4番手の1番人気イルーシヴパンサーが伸びた。2着は逃げ粘った5番人気シンボ。これだけペースが緩いと、内寄りの芝が多少傷んできたとはいえ、粘りは十分に利く。

 日曜は引き続き晴天で良馬場濃厚。メインのアルゼンチン共和国杯はタフな2500m戦。仮にスローに流れたとしても、あっさり逃げ切るようなレースにならないはず? 過去2年は一昨年ムイトオブリガード、昨年オーソリティともに4コーナー3番手から優勝。過去10年を見ると「4コーナー3番手〜8番手付近」がVゾーン。個人的には徐々に内寄りの傷みは進み、土曜よりは差しやすい可能性が高いとみています。

【関連記事】




  • 11/6 19:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます