京都精華大学と京都市が連携し、薬物乱用防止啓発ポスターを作成

拡大画像を見る


京都精華大学では、京都市と連携し、「薬物乱用防止啓発ポスター」を作成した。ポスターは京都市内の学校や関連施設、京都市営地下鉄車内などに11月上旬から配布、掲示される。

京都精華大学と京都市の連携

同プロジェクトは、近年、若年層の薬物乱用が深刻化し、特に大麻使用の検挙率が増加する状況を踏まえ、京都精華大学が京都市保健福祉局からポスターデザインの依頼を受けて取り組んだものだ。

同プロジェクトでの連携は、昨年2020年から開始したもので、今年で2回目の事業となる。京都市保健福祉局との協議を経て立案した案をもとに、京都精華大学マンガ学部卒業生が作画、人文学部3年生がデザインを担当し、完成した。

啓発ポスターの概要

「薬物乱用防止啓発ポスター」のサイズはB3版(縦364mm×横515mm)で作成枚数は2,500枚。

企画は京都精華大学「違法薬物を考える会実行委員会」、京都市保健福祉局で、デザイン担当が京都精華大学人文学部3年 篠原七彩(しのはら・ななせ)氏、作画担当はマンガ学部卒業生だ。

「あなたの大切な人を大麻の誘惑から守って!」をキャッチフレーズに、ポスターを見る人に対して、それぞれの大切な人が、違法薬物に手を出さないよう、つながりを大切にしてほしいというメッセージを漫画形式で表現している。

また、地域における啓発活動で配布を希望の人は「京都市保健福祉局医療衛生推進室医療衛生企画課薬務担当」まで問い合わせを。

ポスターを見て、大切な人が、違法薬物に手を出さないよう、つながりを大切にしたい。

  • 11/5 18:58
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます