愛知県を中心とした14の酒蔵が自慢の日本酒を販売!「秋の酒蔵祭」開催

拡大画像を見る


愛知県の一宮駅前駐車場(現 イチビアガーデン)にて、11月6日(土)・7(日)に、「秋の酒蔵祭」が開催される。

お酒を飲んで酒蔵を応援しよう!

コロナ禍で日本酒需要は大きく減少し、東海地方の酒蔵も大きな痛手を被っている。そんな状況の中、10月より新酒造年度がはじまり、美味しい酒造りがスタートした。

今回開催される「秋の酒蔵祭」は、酒造りシーズン本格化を前に、“酒蔵を応援したい!消費者の声を届けたい!”、そして、“この期間なかなか造り手と交流する機会がもてなかった消費者にも、おいしいお酒と造り手との交流で楽しい時間を過ごして欲しい”という想いで企画されたイベントだ。

1杯300円から楽しめる

イベントでは、愛知県を中心とした東海地方の14の酒蔵が集まり、自慢の日本酒を提供。合計50種類以上のお酒を1杯(60L)300円から楽しむことができる。また、日本酒に合う料理も用意しており、日本酒と料理のマリアージュも体感できる。

参加酒蔵のお酒は、お土産としても購入可能。「秋の酒蔵祭」に参加して、美味しい日本酒を存分に楽しんでみては。

秋の酒蔵祭
開催日時:11月6日(土)11:00~20:00、7日(日)10:00~18:00
開催場所:一宮駅前駐車場(現 イチビアガーデン)
入場無料

  • 11/5 18:58
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます