【阪神5R新馬戦結果】英国産馬エンタングルメントが人気に応えてデビュー勝ち

拡大画像を見る

 6日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・9頭)は、好スタートから2番手に控えた横山典弘騎手騎乗の1番人気エンタングルメント(牝2、栗東・昆貢厩舎)が、直線の追い比べを制し、内を突いた3番人気レアルタッド(牡2、栗東・高橋康之厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分52秒2(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に6番人気モズネズコ(牝2、栗東・松下武士厩舎)が入った。なお、2番人気エイシンスポッター(牡2、栗東・吉村圭司厩舎)は7着に終わった。

 勝ったエンタングルメントは、父Shamardal、母リージェンシーロマンス、その父ディクタットという血統の英国産馬。

関連リンク

  • 11/6 12:43
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます